日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

センバツ当確組では東邦の4番・藤嶋のバットに注目

 今月末にセンバツ出場校が発表される。2016年、私が注目する高校生ドラフト候補を挙げてみる。

 大阪桐蔭の左腕・高山は昨秋の明治神宮大会で150キロをマークして一躍、脚光を浴びた。センバツ出場は確実で大会注目の投手ではある。が、まだまだ発展途上。注目は同じ大阪で同じ左腕、履正社の寺島だ。

 昨年、練習試合を見た。最速148キロの直球は常時140キロ前後だがノビがある。いいのはスライダーとカーブの間のような変化球。楽天の松井は桐光学園時代、縦のスライダーを武器にしたが、寺島のスライダーは曲がりながら落ちる。ブレーキが利いていて、軌道は違えど松井に匹敵するキレである。制球力も抜群。ドラフト1位の12人に入ってくる高校ナンバーワン左腕とみている。

 右腕の対抗馬は横浜の藤平。私の古巣だから言うわけではなく、素材はいいものがある。MAX151キロだが、生きた球と死んだ球の落差が激しいのが難点。投球時に右ヒザが折れ過ぎて球に力を伝え切れていない。これが修正されれば、寺島と左右の双璧になり得るポテンシャルを秘めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事