小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

プロも高校も…捕手難の深刻

公開日:  更新日:

 2015年もあとわずか。今年、気になったことがある。

 球界全体が捕手の人材難に陥っているのだ。プロを見渡しても、規定打席に届いた選手はヤクルトの中村と西武の炭谷の2人。他に正捕手と呼べるのは楽天の嶋とロッテの田村くらいで、巨人、阪神など多くの球団が捕手を固定できなかった。

 これは高校野球も同様。ドラフト指名された捕手は豊橋中央の谷川原(ソフトバンク3位)と静岡の堀内(楽天4位)の2人と少ない。全体的にレベルが低下しているのである。

 今年8月、朝日新聞の「高校野球100年」の企画のため、甲子園で3日間ほど試合を観戦した。バックネット裏の高い位置にある記者席から初めて見たが、古い歴史があるのに他のどの球場よりグラウンドが見やすくつくられていることに驚いた。

 見やすいだけに捕手のちょっとした動きも目についた。球種が丸分かりの捕手が実に多かったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る