小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

プロも高校も…捕手難の深刻

公開日:  更新日:

 2015年もあとわずか。今年、気になったことがある。

 球界全体が捕手の人材難に陥っているのだ。プロを見渡しても、規定打席に届いた選手はヤクルトの中村と西武の炭谷の2人。他に正捕手と呼べるのは楽天の嶋とロッテの田村くらいで、巨人、阪神など多くの球団が捕手を固定できなかった。

 これは高校野球も同様。ドラフト指名された捕手は豊橋中央の谷川原(ソフトバンク3位)と静岡の堀内(楽天4位)の2人と少ない。全体的にレベルが低下しているのである。

 今年8月、朝日新聞の「高校野球100年」の企画のため、甲子園で3日間ほど試合を観戦した。バックネット裏の高い位置にある記者席から初めて見たが、古い歴史があるのに他のどの球場よりグラウンドが見やすくつくられていることに驚いた。

 見やすいだけに捕手のちょっとした動きも目についた。球種が丸分かりの捕手が実に多かったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る