日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トルネード健在 野茂英雄が計る「監督」就任のタイミング

 主役を食った。

 11日に福岡ヤフオクドームで行われた「名球会ベースボールフェスティバル2016」。メーンイベントの名球会メンバーによるセ・パ対抗戦は、長嶋茂雄(79)と王貞治(75)の始球式対決で幕を開けた。王が投げたボールを、長嶋が左手一本で三塁方向に打ち返すと、集まった1万8000人の観衆は大いに沸いたが、そんなON以上にファンの注目を集めた選手がいた。

 独特のトルネード投法で日米通算201勝を挙げた野茂英雄(47)である。パの3番手として出場選手最長タイの2回を投げた野茂は、現役時代と変わらぬ投球フォームを披露。5安打を浴びて3点を失ったものの、メジャーのパイオニアがマウンドに上がるや、ファンだけではなく味方ベンチの清原和博(48)までスマートフォンを取り出して写真撮影するといった具合だった。この手のイベントに出場すること自体が珍しい野茂は、大勢の報道陣に囲まれるなど試合後も大人気。記者の求めに応じて、広島からドジャース入りが決まった前田健太に「チャンピオンリングをもらってくれればボクもうれしい」とエールを送るなど、その存在感は際立っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事