• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「真価は来年以降」 恩師・広岡達朗氏が語るホークス工藤監督

 工藤は私が西武の監督就任1年目、82年に名古屋電機高からドラフト6位で入ってきた。私は「坊や」と呼んだこともあるんですけど、今でも坊やみたいな顔をしてますね(笑い)。

 高卒ながら、カーブはすでに完成品でした。手首の返し、体重移動と注文することはなかった。勝負度胸もあった。スタミナとボールの強さに課題はありましたけど、いろんな意味で「お利口」でしたから、二軍に置いたら手を抜いて遊ぶだろうと思って、高卒1年目から一軍に置いたんです。

 阪急の加藤(英司)や南海の門田(博光)といった強打者にも投げさせましたけど、だいたいは成功しました。日本ハムとのプレーオフ、私が初めて日本一になった日本シリーズにもリリーフで登板させました。

 3年目には、米1Aのサンノゼ・ビーズというチームに3カ月ほど留学させました。生存競争は日本よりも厳しい。向こうは這い上がるために必死でやりますから。精神的に大人になってもらいたいという気持ちでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る