• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なぜ日本では修業ゼロの“素人”がプロ野球監督になれるのか

 大リーグの人事はこういうものだ。ドジャースは現地23日、今季パドレスのベンチコーチを務めていたデーブ・ロバーツ氏(43)の新監督就任を発表した。09年に現役引退したロバーツ氏は、パドレスの特別補佐や一塁コーチなどを歴任。ついにメジャーで采配を振ることになった。

 マリナーズも来季からスコット・サービス新監督(48)になる。同氏の前職はエンゼルスのGM補佐だが、メジャー事情に詳しいスポーツライターの友成那智氏は「彼は主に育成部門を担当していた。選手の性格を見極めたり指導法に関しての知識はある」と言う。

 さらに友成氏は「メジャーではスター選手が監督になることはほとんどない」と言って、こう続ける。

「中堅クラスのレギュラーや控え捕手、マイナーで終わった無名選手が多い。名将といわれるオリオールズのショーウォルター監督(59)やカブスのマドン監督(61)もメジャー経験はありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事