なぜ日本では修業ゼロの“素人”がプロ野球監督になれるのか

公開日:  更新日:

 大リーグの人事はこういうものだ。ドジャースは現地23日、今季パドレスのベンチコーチを務めていたデーブ・ロバーツ氏(43)の新監督就任を発表した。09年に現役引退したロバーツ氏は、パドレスの特別補佐や一塁コーチなどを歴任。ついにメジャーで采配を振ることになった。

 マリナーズも来季からスコット・サービス新監督(48)になる。同氏の前職はエンゼルスのGM補佐だが、メジャー事情に詳しいスポーツライターの友成那智氏は「彼は主に育成部門を担当していた。選手の性格を見極めたり指導法に関しての知識はある」と言う。

 さらに友成氏は「メジャーではスター選手が監督になることはほとんどない」と言って、こう続ける。

「中堅クラスのレギュラーや控え捕手、マイナーで終わった無名選手が多い。名将といわれるオリオールズのショーウォルター監督(59)やカブスのマドン監督(61)もメジャー経験はありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る