Sフェザー級世界王者・内藤 ラスベガスへ「世界進出」宣言

公開日:  更新日:

 ボクシングWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36=ワタナベ)が21日、都内で行われたトークイベントに出席。抽選で集まった100人のファンを前に、力強くこう宣言した。

「まだ決まってはいませんが、次戦は恐らくラスベガスになると思う。照準はウォータース。体が壊れてもいいので、絶対に勝ちたいです」

 昨年の大みそかの試合で日本歴代単独2位となる11度目の防衛に成功した王者は、かねて囁かれていた米国進出が、「交渉段階で相当、手応えのあるところまでいっている。ボクは恐らく決まるだろうと思っています」と明かした。

 熱望する対戦相手は前WBA世界フェザー級王者のニコラス・ウォータース(30)。27戦無敗21KOで「斬首人」の異名を持つジャマイカ人だ。

「ボクシング自体にうまさはないが、身体能力が物凄く高く、野性味のある選手。相手のパンチを目で反応して避け、体のバネというか軸がしっかりしているので、バランスを崩しても強いパンチが打てる」

 と、印象を語る内山の口ぶりからは、すでにかなりの研究も始めていることを感じさせた。

 4月にも実現する可能性の高い世界進出。本場の米国で最強の挑戦者を下せば、名声も数千万円といわれるファイトマネーもケタ違いになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る