• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

Sフェザー級世界王者・内藤 ラスベガスへ「世界進出」宣言

 ボクシングWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36=ワタナベ)が21日、都内で行われたトークイベントに出席。抽選で集まった100人のファンを前に、力強くこう宣言した。

「まだ決まってはいませんが、次戦は恐らくラスベガスになると思う。照準はウォータース。体が壊れてもいいので、絶対に勝ちたいです」

 昨年の大みそかの試合で日本歴代単独2位となる11度目の防衛に成功した王者は、かねて囁かれていた米国進出が、「交渉段階で相当、手応えのあるところまでいっている。ボクは恐らく決まるだろうと思っています」と明かした。

 熱望する対戦相手は前WBA世界フェザー級王者のニコラス・ウォータース(30)。27戦無敗21KOで「斬首人」の異名を持つジャマイカ人だ。

「ボクシング自体にうまさはないが、身体能力が物凄く高く、野性味のある選手。相手のパンチを目で反応して避け、体のバネというか軸がしっかりしているので、バランスを崩しても強いパンチが打てる」

 と、印象を語る内山の口ぶりからは、すでにかなりの研究も始めていることを感じさせた。

 4月にも実現する可能性の高い世界進出。本場の米国で最強の挑戦者を下せば、名声も数千万円といわれるファイトマネーもケタ違いになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る