• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

V10内山でも2000万円 日本人王者ファイトマネーなぜ安い?

 2日に行われたパッキャオvsメイウェザーの「世紀の一戦」。ペイパービュー(有料番組への課金)の購入も過去最高が確実視され、ファイトマネーは両者を合わせて2億8000万ドル(約336億円)。メイウェザーが216億円、パッキャオは120億円を手にするという。

 ここからルールブックで定められているマネジメント料33%を引かれたとしても、大金には違いない。

 日本はどうか。6日に行われたWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者、内山高志(35)の10度目の防衛戦。同級7位のジョムトーン・チューワッタナ(25)を2ラウンドTKOで下し、V10に成功。35歳5カ月の内山は、日本人では最年長世界王座防衛記録となった。

 あるジム関係者は「公表はされてないが、内山クラスのボクサーが防衛10回目となると、実入りは2000万円前後ではないか」という。70年代のボクシング全盛期は、日本人でも世界王者なら2000万~3000万円のファイトマネーは珍しくなかった。94年に初の日本人同士の世界統一戦となった辰吉vs薬師寺戦は総額3億4000万円。「しかし、それぞれが実際に手にしたのは5000万円と2500万円だった」(前出関係者)そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  8. 8

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る