V10内山でも2000万円 日本人王者ファイトマネーなぜ安い?

公開日:  更新日:

 2日に行われたパッキャオvsメイウェザーの「世紀の一戦」。ペイパービュー(有料番組への課金)の購入も過去最高が確実視され、ファイトマネーは両者を合わせて2億8000万ドル(約336億円)。メイウェザーが216億円、パッキャオは120億円を手にするという。

 ここからルールブックで定められているマネジメント料33%を引かれたとしても、大金には違いない。

 日本はどうか。6日に行われたWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者、内山高志(35)の10度目の防衛戦。同級7位のジョムトーン・チューワッタナ(25)を2ラウンドTKOで下し、V10に成功。35歳5カ月の内山は、日本人では最年長世界王座防衛記録となった。

 あるジム関係者は「公表はされてないが、内山クラスのボクサーが防衛10回目となると、実入りは2000万円前後ではないか」という。70年代のボクシング全盛期は、日本人でも世界王者なら2000万~3000万円のファイトマネーは珍しくなかった。94年に初の日本人同士の世界統一戦となった辰吉vs薬師寺戦は総額3億4000万円。「しかし、それぞれが実際に手にしたのは5000万円と2500万円だった」(前出関係者)そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る