V10内山でも2000万円 日本人王者ファイトマネーなぜ安い?

公開日:  更新日:

 2日に行われたパッキャオvsメイウェザーの「世紀の一戦」。ペイパービュー(有料番組への課金)の購入も過去最高が確実視され、ファイトマネーは両者を合わせて2億8000万ドル(約336億円)。メイウェザーが216億円、パッキャオは120億円を手にするという。

 ここからルールブックで定められているマネジメント料33%を引かれたとしても、大金には違いない。

 日本はどうか。6日に行われたWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者、内山高志(35)の10度目の防衛戦。同級7位のジョムトーン・チューワッタナ(25)を2ラウンドTKOで下し、V10に成功。35歳5カ月の内山は、日本人では最年長世界王座防衛記録となった。

 あるジム関係者は「公表はされてないが、内山クラスのボクサーが防衛10回目となると、実入りは2000万円前後ではないか」という。70年代のボクシング全盛期は、日本人でも世界王者なら2000万~3000万円のファイトマネーは珍しくなかった。94年に初の日本人同士の世界統一戦となった辰吉vs薬師寺戦は総額3億4000万円。「しかし、それぞれが実際に手にしたのは5000万円と2500万円だった」(前出関係者)そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る