• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

V10内山でも2000万円 日本人王者ファイトマネーなぜ安い?

 2日に行われたパッキャオvsメイウェザーの「世紀の一戦」。ペイパービュー(有料番組への課金)の購入も過去最高が確実視され、ファイトマネーは両者を合わせて2億8000万ドル(約336億円)。メイウェザーが216億円、パッキャオは120億円を手にするという。

 ここからルールブックで定められているマネジメント料33%を引かれたとしても、大金には違いない。

 日本はどうか。6日に行われたWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者、内山高志(35)の10度目の防衛戦。同級7位のジョムトーン・チューワッタナ(25)を2ラウンドTKOで下し、V10に成功。35歳5カ月の内山は、日本人では最年長世界王座防衛記録となった。

 あるジム関係者は「公表はされてないが、内山クラスのボクサーが防衛10回目となると、実入りは2000万円前後ではないか」という。70年代のボクシング全盛期は、日本人でも世界王者なら2000万~3000万円のファイトマネーは珍しくなかった。94年に初の日本人同士の世界統一戦となった辰吉vs薬師寺戦は総額3億4000万円。「しかし、それぞれが実際に手にしたのは5000万円と2500万円だった」(前出関係者)そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る