凡戦の米デビュー…ボクシング村田は“全勝”でも世界遠のく

公開日:  更新日:

「僕のボクシング人生の中で最低の試合でした」

 リング上のインタビューがすべてを物語っていた。

 8日にノンタイトル10回戦でラスベガスデビューを果たした、ロンドン五輪ボクシング・ミドル級金メダリストにしてWBCミドル級5位の村田諒太(29)。内容は本人の言葉通り、退屈の一言だった。

 遠距離からのパンチを狙う村田に対し、ディフェンスに定評のあるガナー・ジャクソン(29)はクリンチを多用。パンチ力はあってもスピードに欠ける村田は連打が打てず、効果的なボディーの後も畳み掛けられない。3-0と大差の判定勝ちで8連勝を収めたものの、笑顔はなかった。

 村田は12年ロンドン五輪後、プロ転向してからは日本国内で「かませ犬」とばかり戦ってきた。時間を無駄に使い、29歳でようやくボクシングの本場へ。すでにボクサーとしては若くはない。米国を主戦場にするのも遅いくらいだろう。当然、スターダムにのし上がるために与えられるチャンスは若いボクサーよりも少ない。まずは華々しいデビュー戦で米国のボクシングファンの心を掴み、次のマッチメークも派手に――というのが村田陣営の描いていた青写真だったのではないか。

 それがこの日の凡戦。全勝がハリボテであることを露呈した。世界は遠のくばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る