凡戦の米デビュー…ボクシング村田は“全勝”でも世界遠のく

公開日:  更新日:

「僕のボクシング人生の中で最低の試合でした」

 リング上のインタビューがすべてを物語っていた。

 8日にノンタイトル10回戦でラスベガスデビューを果たした、ロンドン五輪ボクシング・ミドル級金メダリストにしてWBCミドル級5位の村田諒太(29)。内容は本人の言葉通り、退屈の一言だった。

 遠距離からのパンチを狙う村田に対し、ディフェンスに定評のあるガナー・ジャクソン(29)はクリンチを多用。パンチ力はあってもスピードに欠ける村田は連打が打てず、効果的なボディーの後も畳み掛けられない。3-0と大差の判定勝ちで8連勝を収めたものの、笑顔はなかった。

 村田は12年ロンドン五輪後、プロ転向してからは日本国内で「かませ犬」とばかり戦ってきた。時間を無駄に使い、29歳でようやくボクシングの本場へ。すでにボクサーとしては若くはない。米国を主戦場にするのも遅いくらいだろう。当然、スターダムにのし上がるために与えられるチャンスは若いボクサーよりも少ない。まずは華々しいデビュー戦で米国のボクシングファンの心を掴み、次のマッチメークも派手に――というのが村田陣営の描いていた青写真だったのではないか。

 それがこの日の凡戦。全勝がハリボテであることを露呈した。世界は遠のくばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る