凡戦の米デビュー…ボクシング村田は“全勝”でも世界遠のく

公開日: 更新日:

「僕のボクシング人生の中で最低の試合でした」

 リング上のインタビューがすべてを物語っていた。

 8日にノンタイトル10回戦でラスベガスデビューを果たした、ロンドン五輪ボクシング・ミドル級金メダリストにしてWBCミドル級5位の村田諒太(29)。内容は本人の言葉通り、退屈の一言だった。

 遠距離からのパンチを狙う村田に対し、ディフェンスに定評のあるガナー・ジャクソン(29)はクリンチを多用。パンチ力はあってもスピードに欠ける村田は連打が打てず、効果的なボディーの後も畳み掛けられない。3-0と大差の判定勝ちで8連勝を収めたものの、笑顔はなかった。

 村田は12年ロンドン五輪後、プロ転向してからは日本国内で「かませ犬」とばかり戦ってきた。時間を無駄に使い、29歳でようやくボクシングの本場へ。すでにボクサーとしては若くはない。米国を主戦場にするのも遅いくらいだろう。当然、スターダムにのし上がるために与えられるチャンスは若いボクサーよりも少ない。まずは華々しいデビュー戦で米国のボクシングファンの心を掴み、次のマッチメークも派手に――というのが村田陣営の描いていた青写真だったのではないか。

 それがこの日の凡戦。全勝がハリボテであることを露呈した。世界は遠のくばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

  2. 2
    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

    小室圭さん母子の金銭トラブルでスポーツ紙の誤報を垂れ流す「ゴゴスマ」に疑問

  3. 3
    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

    東出昌大"飼い殺し"で引退危機…ハーフ美女「呼び寄せ愛」の重すぎる代償

  4. 4
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  5. 5
    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

    巨人痛恨の連敗で7.5差、事実上の“終戦”に…今オフ狙われるのは菅野よりこの男!

もっと見る

  1. 6
    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

    群馬の「暴威」は手の付けられない不良だった

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  4. 9
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

  5. 10
    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ

    元巨人“代走のスペシャリスト”鈴木尚広さんが東京・世田谷で農業に夢中なワケ