凡戦の米デビュー…ボクシング村田は“全勝”でも世界遠のく

公開日: 更新日:

「僕のボクシング人生の中で最低の試合でした」

 リング上のインタビューがすべてを物語っていた。

 8日にノンタイトル10回戦でラスベガスデビューを果たした、ロンドン五輪ボクシング・ミドル級金メダリストにしてWBCミドル級5位の村田諒太(29)。内容は本人の言葉通り、退屈の一言だった。

 遠距離からのパンチを狙う村田に対し、ディフェンスに定評のあるガナー・ジャクソン(29)はクリンチを多用。パンチ力はあってもスピードに欠ける村田は連打が打てず、効果的なボディーの後も畳み掛けられない。3-0と大差の判定勝ちで8連勝を収めたものの、笑顔はなかった。

 村田は12年ロンドン五輪後、プロ転向してからは日本国内で「かませ犬」とばかり戦ってきた。時間を無駄に使い、29歳でようやくボクシングの本場へ。すでにボクサーとしては若くはない。米国を主戦場にするのも遅いくらいだろう。当然、スターダムにのし上がるために与えられるチャンスは若いボクサーよりも少ない。まずは華々しいデビュー戦で米国のボクシングファンの心を掴み、次のマッチメークも派手に――というのが村田陣営の描いていた青写真だったのではないか。

 それがこの日の凡戦。全勝がハリボテであることを露呈した。世界は遠のくばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る