収支赤字、頼みの和毅も連敗…ボクシング亀田三兄弟の凋落

公開日:  更新日:

 6日(日本時間7日)に米国で行われたボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチ。亀田家三男の和毅(24)は5月に敗れた王者のマクドネル(イギリス)にリベンジマッチを挑んだものの、0-3の判定負けで返り討ちに遭った。前座を務めた次男の大毅(26)も、格下のルイス(メキシコ)に惨敗した。大毅は敗戦後、「弱いな、オレ……」とつぶやいた。

 亀田一家は昨年、日本ボクシング界から追放。7月に和毅がメイウェザーなど数多くの世界王者を抱える代理人のアル・ヘイモンと契約し、その後は長男の興毅(28)、大毅も引き取ってもらったが、「昨年、興毅が戦ったのは1試合。本人がブログなどで明かしているように、そのファイトマネーはたったの200万円でした。飛行機代と宿泊費などの経費を考えれば、ほとんど赤字です。日本でタイトルマッチ1試合の値段が約2000万円だったことを思えば、隔世の感があります」(スポーツライター)と、生活は困窮している。

 長男の興毅が先日、10月にタイトルマッチを行うWBAスーパーフライ級王者の河野公平の会見に乱入し、「練習せんでも勝てるわ」と挑発したのも必死の話題作り。メディアの耳目を集めカネにするためには、大言壮語を続け、傍若無人を演じなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る