収支赤字、頼みの和毅も連敗…ボクシング亀田三兄弟の凋落

公開日: 更新日:

 6日(日本時間7日)に米国で行われたボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチ。亀田家三男の和毅(24)は5月に敗れた王者のマクドネル(イギリス)にリベンジマッチを挑んだものの、0-3の判定負けで返り討ちに遭った。前座を務めた次男の大毅(26)も、格下のルイス(メキシコ)に惨敗した。大毅は敗戦後、「弱いな、オレ……」とつぶやいた。

 亀田一家は昨年、日本ボクシング界から追放。7月に和毅がメイウェザーなど数多くの世界王者を抱える代理人のアル・ヘイモンと契約し、その後は長男の興毅(28)、大毅も引き取ってもらったが、「昨年、興毅が戦ったのは1試合。本人がブログなどで明かしているように、そのファイトマネーはたったの200万円でした。飛行機代と宿泊費などの経費を考えれば、ほとんど赤字です。日本でタイトルマッチ1試合の値段が約2000万円だったことを思えば、隔世の感があります」(スポーツライター)と、生活は困窮している。

 長男の興毅が先日、10月にタイトルマッチを行うWBAスーパーフライ級王者の河野公平の会見に乱入し、「練習せんでも勝てるわ」と挑発したのも必死の話題作り。メディアの耳目を集めカネにするためには、大言壮語を続け、傍若無人を演じなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る