琴奨菊に先越され…稀勢の里「日本人最強」奪還できるのか

公開日: 更新日:

 大関琴奨菊(31)の初優勝が世間を沸かせている。メディアにも出ずっぱりで、テレビで顔を見ない日はないと言ってもいいだろう。

 その一方、肩身が狭いのが大関稀勢の里(29)ではないか。「日本で一番優勝に近い力士」と言われながら、幾星霜。カド番5回の老大関に先を越され、「日本人最強」の称号は過去のものとなった。

 八角理事長(元横綱北勝海)、九重親方(元横綱千代の富士)、これまで最後の日本出身優勝力士だった玉ノ井親方(元大関栃東)も、「これで稀勢の里がどう思うか」と口を揃えている。プライドをズタズタにされた元日本人最強力士は、ここから奮起することができるのか。

 ある親方は「それで変われたら苦労はありません」と、こう続ける。

「稀勢の里は優勝経験がないにもかかわらず、13年、14年に2回も綱とりを示唆された場所があった。それも、『今場所は優勝次点。来場所も優勝しなくても、内容次第では昇進の可能性はある』という、大甘基準。日本人横綱をつくりたい当時の協会執行部が、これだけお膳立てをしたのに、稀勢の里はチャンスを掴めなかった。年齢も29歳と決して若くはないだけに、難しいのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る