• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

琴奨菊に先越され…稀勢の里「日本人最強」奪還できるのか

 大関琴奨菊(31)の初優勝が世間を沸かせている。メディアにも出ずっぱりで、テレビで顔を見ない日はないと言ってもいいだろう。

 その一方、肩身が狭いのが大関稀勢の里(29)ではないか。「日本で一番優勝に近い力士」と言われながら、幾星霜。カド番5回の老大関に先を越され、「日本人最強」の称号は過去のものとなった。

 八角理事長(元横綱北勝海)、九重親方(元横綱千代の富士)、これまで最後の日本出身優勝力士だった玉ノ井親方(元大関栃東)も、「これで稀勢の里がどう思うか」と口を揃えている。プライドをズタズタにされた元日本人最強力士は、ここから奮起することができるのか。

 ある親方は「それで変われたら苦労はありません」と、こう続ける。

「稀勢の里は優勝経験がないにもかかわらず、13年、14年に2回も綱とりを示唆された場所があった。それも、『今場所は優勝次点。来場所も優勝しなくても、内容次第では昇進の可能性はある』という、大甘基準。日本人横綱をつくりたい当時の協会執行部が、これだけお膳立てをしたのに、稀勢の里はチャンスを掴めなかった。年齢も29歳と決して若くはないだけに、難しいのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る