琴奨菊に先越され…稀勢の里「日本人最強」奪還できるのか

公開日: 更新日:

 大関琴奨菊(31)の初優勝が世間を沸かせている。メディアにも出ずっぱりで、テレビで顔を見ない日はないと言ってもいいだろう。

 その一方、肩身が狭いのが大関稀勢の里(29)ではないか。「日本で一番優勝に近い力士」と言われながら、幾星霜。カド番5回の老大関に先を越され、「日本人最強」の称号は過去のものとなった。

 八角理事長(元横綱北勝海)、九重親方(元横綱千代の富士)、これまで最後の日本出身優勝力士だった玉ノ井親方(元大関栃東)も、「これで稀勢の里がどう思うか」と口を揃えている。プライドをズタズタにされた元日本人最強力士は、ここから奮起することができるのか。

 ある親方は「それで変われたら苦労はありません」と、こう続ける。

「稀勢の里は優勝経験がないにもかかわらず、13年、14年に2回も綱とりを示唆された場所があった。それも、『今場所は優勝次点。来場所も優勝しなくても、内容次第では昇進の可能性はある』という、大甘基準。日本人横綱をつくりたい当時の協会執行部が、これだけお膳立てをしたのに、稀勢の里はチャンスを掴めなかった。年齢も29歳と決して若くはないだけに、難しいのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る