琴奨菊に先越され…稀勢の里「日本人最強」奪還できるのか

公開日:  更新日:

 大関琴奨菊(31)の初優勝が世間を沸かせている。メディアにも出ずっぱりで、テレビで顔を見ない日はないと言ってもいいだろう。

 その一方、肩身が狭いのが大関稀勢の里(29)ではないか。「日本で一番優勝に近い力士」と言われながら、幾星霜。カド番5回の老大関に先を越され、「日本人最強」の称号は過去のものとなった。

 八角理事長(元横綱北勝海)、九重親方(元横綱千代の富士)、これまで最後の日本出身優勝力士だった玉ノ井親方(元大関栃東)も、「これで稀勢の里がどう思うか」と口を揃えている。プライドをズタズタにされた元日本人最強力士は、ここから奮起することができるのか。

 ある親方は「それで変われたら苦労はありません」と、こう続ける。

「稀勢の里は優勝経験がないにもかかわらず、13年、14年に2回も綱とりを示唆された場所があった。それも、『今場所は優勝次点。来場所も優勝しなくても、内容次第では昇進の可能性はある』という、大甘基準。日本人横綱をつくりたい当時の協会執行部が、これだけお膳立てをしたのに、稀勢の里はチャンスを掴めなかった。年齢も29歳と決して若くはないだけに、難しいのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る