“薬物疑惑でも五輪メダル1個”が語る日本中長距離界の現実

公開日:  更新日:

 2日付の英紙「サンデー・タイムズ」が01年から12年までに開催された五輪と世界選手権の陸上中長距離競技で大勢の選手にドーピング疑惑があると報じたことが話題になっている。

 同紙によれば、出場した約5000人のデータを調べたところ、800人以上にドーピングの疑いがあることが発覚。国別の内訳はロシアの30%がトップで、日本も米国や中国と並び5%の選手にドーピングの疑いがあるという。

 この調査が事実であれば、実に延べ40人以上の日本人選手にドーピング疑惑があることになる。それはそれで日本陸上界にとっては大きな問題だろうが、見方を変えれば「日本人選手はクスリを使っても結果が出せない」ということだ。

 そもそも、この調査対象期間中の五輪陸上中長距離競技に限れば、日本人選手がメダルを獲得したのは男女を合わせても04年アテネ大会の女子マラソンで金メダルを取った野口みずきだけ。日本人選手は薬物の力を借りても結果を残せなかったことになる。中長距離選手の実力がいかに世界レベルとかけ離れているかが分かる。

 クスリに頼って好成績を出すことは言語道断だが、日本の中長距離界はどうやらそれ以前の問題。まずは選手のレベルアップが急務か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る