“薬物疑惑でも五輪メダル1個”が語る日本中長距離界の現実

公開日: 更新日:

 2日付の英紙「サンデー・タイムズ」が01年から12年までに開催された五輪と世界選手権の陸上中長距離競技で大勢の選手にドーピング疑惑があると報じたことが話題になっている。

 同紙によれば、出場した約5000人のデータを調べたところ、800人以上にドーピングの疑いがあることが発覚。国別の内訳はロシアの30%がトップで、日本も米国や中国と並び5%の選手にドーピングの疑いがあるという。

 この調査が事実であれば、実に延べ40人以上の日本人選手にドーピング疑惑があることになる。それはそれで日本陸上界にとっては大きな問題だろうが、見方を変えれば「日本人選手はクスリを使っても結果が出せない」ということだ。

 そもそも、この調査対象期間中の五輪陸上中長距離競技に限れば、日本人選手がメダルを獲得したのは男女を合わせても04年アテネ大会の女子マラソンで金メダルを取った野口みずきだけ。日本人選手は薬物の力を借りても結果を残せなかったことになる。中長距離選手の実力がいかに世界レベルとかけ離れているかが分かる。

 クスリに頼って好成績を出すことは言語道断だが、日本の中長距離界はどうやらそれ以前の問題。まずは選手のレベルアップが急務か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  10. 9

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  11. 10

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

もっと見る