“薬物疑惑でも五輪メダル1個”が語る日本中長距離界の現実

公開日:  更新日:

 2日付の英紙「サンデー・タイムズ」が01年から12年までに開催された五輪と世界選手権の陸上中長距離競技で大勢の選手にドーピング疑惑があると報じたことが話題になっている。

 同紙によれば、出場した約5000人のデータを調べたところ、800人以上にドーピングの疑いがあることが発覚。国別の内訳はロシアの30%がトップで、日本も米国や中国と並び5%の選手にドーピングの疑いがあるという。

 この調査が事実であれば、実に延べ40人以上の日本人選手にドーピング疑惑があることになる。それはそれで日本陸上界にとっては大きな問題だろうが、見方を変えれば「日本人選手はクスリを使っても結果が出せない」ということだ。

 そもそも、この調査対象期間中の五輪陸上中長距離競技に限れば、日本人選手がメダルを獲得したのは男女を合わせても04年アテネ大会の女子マラソンで金メダルを取った野口みずきだけ。日本人選手は薬物の力を借りても結果を残せなかったことになる。中長距離選手の実力がいかに世界レベルとかけ離れているかが分かる。

 クスリに頼って好成績を出すことは言語道断だが、日本の中長距離界はどうやらそれ以前の問題。まずは選手のレベルアップが急務か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る