• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片山晋呉は今季2戦目でもう欠場 「五輪出る」は口先だけ

【レオパレス21 ミャンマーオープン】

 このオトコの言うことはやはり信用できないということか。今週はアジアンツアーとの共催大会で、今季日本ツアー2戦目。シーズンが始まったばかりだというのに欠場した片山晋呉(43)のことである。

 世界ランク64位の片山は松山英樹(23)に次ぐ日本人2番手につけ、リオ五輪出場圏内にいる。昨年3月には「五輪に出る」と宣言し、11月の三井住友VISAに勝つと、「五輪を意識しながらやっている」というコメントを残した。五輪出場にはとりもなおさず世界ランクアップが必要。それには試合に出続けなければならない。

 先週のシンガポールには出場したが、予選カットに4打も足りずに予選落ち。その汚名返上とばかりに今週は気合が入っているのか、と思ったら欠場だ。先週は世界ランク1位のJ・スピース(22)が出場して世界ランクの加算ポイントが「28」と高くなり、優勝した宋永漢(24)は同204位から一気に113位にランクアップと、チャンスを生かした。

 一方、片山は先週の予選落ちで61位からダウン。「五輪に出る」というのも口先だけのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る