開幕初戦であぶり出された日本男子ツアーのデタラメぶり

公開日: 更新日:

 先週末の日本ツアーとアジアンツアーとの共催大会「SMBCシンガポールオープン」と、カリフォルニアで開催された男子米ツアーはともに悪天候のため、最終ラウンドが順延、5日間の戦いとなった。

 屋外で行う競技に天候不順はつきもの。だから米ツアーでは予備日を設定し、月曜日もプレーができない場合は、火曜日にズレ込んでも72ホールを消化する。過去には火曜日もプレーできず、数カ月後に最終ラウンドを行ったこともある。

 しかし日本ツアーの場合、予備日が設けられているのは日本オープンなどごく一部の大会だけ。その結果、昨年11月の三井住友VISA太平洋マスターズのように、最終日が濃霧のため中止となり、3日間で試合が成立したりする。

 日程もおかしい。「SMBCシンガポールオープン」が今季日本ツアー初戦で、今週末は再びアジアンツアーとの共催大会「ミャンマーオープン」がある。それが終わると、4月14日の東建ホームメイトまで2カ月以上も試合が組まれていない。なんでこんな事態になったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る