• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

開幕初戦であぶり出された日本男子ツアーのデタラメぶり

 先週末の日本ツアーとアジアンツアーとの共催大会「SMBCシンガポールオープン」と、カリフォルニアで開催された男子米ツアーはともに悪天候のため、最終ラウンドが順延、5日間の戦いとなった。

 屋外で行う競技に天候不順はつきもの。だから米ツアーでは予備日を設定し、月曜日もプレーができない場合は、火曜日にズレ込んでも72ホールを消化する。過去には火曜日もプレーできず、数カ月後に最終ラウンドを行ったこともある。

 しかし日本ツアーの場合、予備日が設けられているのは日本オープンなどごく一部の大会だけ。その結果、昨年11月の三井住友VISA太平洋マスターズのように、最終日が濃霧のため中止となり、3日間で試合が成立したりする。

 日程もおかしい。「SMBCシンガポールオープン」が今季日本ツアー初戦で、今週末は再びアジアンツアーとの共催大会「ミャンマーオープン」がある。それが終わると、4月14日の東建ホームメイトまで2カ月以上も試合が組まれていない。なんでこんな事態になったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る