7割が内角球…DeNAラミレス監督“初配球”の意図

公開日:  更新日:

 7日に行われた紅白戦。「試合はベンチでコントロールする」と言っていたラミレス監督が実戦練習で初めてベンチから捕手にサインを出した。

 この日は全球ではなく、状況に応じてとなったが、ネット裏にいた他球団の編成担当は「ラミレス流が垣間見えた」とこう続ける。

「三嶋が二回の嶺井の打席で初球ボール、2球目に内角のスライダーで見逃しストライクを取り、カウント1-1からの3球目に内角のチェンジアップで見逃しストライクを取ったのは驚いた。同じコースに別の球種を要求するのは誘い球になるし、打者も驚くと思う」

 捕手を務めていたドラフト4位の戸柱(NTT西日本)は、「僕の中では今までにない発想。こういうところを監督も求めていると思うので吸収していきたい」と言った。

 四回にも、前球と同じ内角に、別の球種のカーブを指示するなど、効果的に内角球を使いたいという意図がうかがえた。監督が全球にサインを出した二回、五回は自責点はゼロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る