7割が内角球…DeNAラミレス監督“初配球”の意図

公開日:  更新日:

 7日に行われた紅白戦。「試合はベンチでコントロールする」と言っていたラミレス監督が実戦練習で初めてベンチから捕手にサインを出した。

 この日は全球ではなく、状況に応じてとなったが、ネット裏にいた他球団の編成担当は「ラミレス流が垣間見えた」とこう続ける。

「三嶋が二回の嶺井の打席で初球ボール、2球目に内角のスライダーで見逃しストライクを取り、カウント1-1からの3球目に内角のチェンジアップで見逃しストライクを取ったのは驚いた。同じコースに別の球種を要求するのは誘い球になるし、打者も驚くと思う」

 捕手を務めていたドラフト4位の戸柱(NTT西日本)は、「僕の中では今までにない発想。こういうところを監督も求めていると思うので吸収していきたい」と言った。

 四回にも、前球と同じ内角に、別の球種のカーブを指示するなど、効果的に内角球を使いたいという意図がうかがえた。監督が全球にサインを出した二回、五回は自責点はゼロだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る