米ツアー2勝目の松山英樹に相手を追い詰める“怖さ”備わる

公開日: 更新日:

【フェニックスOP】

 松山英樹(23)が2年ぶりの勝利で、米ツアー2勝目を挙げた。

 最終日は最終組でともに67で回った松山とR・ファウラー(27)の2人が通算14アンダーで並び、プレーオフに突入した。

 米ツアー通算3勝、世界ランク4位のファウラーのほうが実力は上であり、2週前の欧州ツアー、アブダビHSBC選手権で勝っており勢いがある。

 18番で行われたプレーオフ1ホール目は2人ともパー。同じ18番での2ホール目はともにバーディーで決着がつかない。

 3ホール目の10番パー4でもパーとお互いに譲らない。

 4ホール目の17番で試合が動いた。ファウラーがティーショットを左に曲げて池のトラブル。3打目も寄らずにパーパットを逃し、パーセーブの松山が勝利を手にした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る