• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第4回>松山英樹は英語スピーチで面白いこと言えばよかった

 プロテニスの錦織圭が全米オープン決勝に進出して、日本中が熱狂し、ジュニア世代にテニスブームが起きている。ゴルフでは女子の樋口久子(1977年=全米女子プロ)、シニアの井戸木鴻樹(13年=全米プロシニア)がメジャー優勝を果たしたが、男子レギュラーでは未勝利だ。

 日本人最多の米ツアー3勝の記録を持つ丸山茂樹プロも、02年全英オープンでは1打及ばずプレーオフ進出を逃し、04年全米オープン4位。また青木功がバルタスロールGCで帝王ジャック・ニクラスと死闘を演じた80年全米オープンは、35年たった今でもファンの間で語り継がれる。日本男子ゴルフ界にとってメジャー制覇は悲願だ。

――日本人のメジャー優勝はどうでしょう?

 通常大会と違ってメジャーは特にパワーが必要です。昨季のセッティングを見ても、全米オープンが開催されたパインハースト・ナンバー2はラフをなくし、「飛んで曲がらない者勝ち」みたいなコース設定になっていました。石川遼はメジャーであまり活躍してませんが、松山英樹は13年に全米オープン10位、全英オープン6位と2戦連続でトップ10に入っています。昨季はメモリアル・トーナメントで米ツアー初優勝。そういった意味で、メジャーにまた近づいてきているかと思います。ただ、メジャーで成績を残せる戦力が日本選手ではわずか1人というのは、厳しい現状ですね。全てメジャーを基準に見られると、ちょっとつらいものがあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る