岩瀬に注目集中の裏で…中日首脳陣が浅尾にヤキモキの理由

公開日:  更新日:

 首脳陣が期待しているのは、むしろこっちだ。

 11日の紅白戦で浅尾(31)が登板。白組の2番手として1イニングを3者凡退に抑えた。

 今年の中日キャンプは岩瀬(41)に注目が集まっている。昨季はプロ入り17年目にして初の実戦登板なしに終わり、オフは年俸3億円から2億5000万円減の大減俸。それでもクローザー復活を目指し、この日も白組1番手として2安打を浴びながら1イニング無失点だった。

 しかし、首脳陣も今年42歳になる岩瀬に抑えを期待しているわけではない。むしろ、浅尾が1年間投げられるかどうかの方が重要だ。

 かつてはセットアッパーとして君臨していた浅尾だが、近年は成績が下降。昨季は2度の二軍落ちを経験し、先発転向案も出ていた。それでも中継ぎにこだわる浅尾は配置転換を拒否。再びセットアッパーの座を取り戻すべく意気込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る