日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

岩瀬に注目集中の裏で…中日首脳陣が浅尾にヤキモキの理由

 首脳陣が期待しているのは、むしろこっちだ。

 11日の紅白戦で浅尾(31)が登板。白組の2番手として1イニングを3者凡退に抑えた。

 今年の中日キャンプは岩瀬(41)に注目が集まっている。昨季はプロ入り17年目にして初の実戦登板なしに終わり、オフは年俸3億円から2億5000万円減の大減俸。それでもクローザー復活を目指し、この日も白組1番手として2安打を浴びながら1イニング無失点だった。

 しかし、首脳陣も今年42歳になる岩瀬に抑えを期待しているわけではない。むしろ、浅尾が1年間投げられるかどうかの方が重要だ。

 かつてはセットアッパーとして君臨していた浅尾だが、近年は成績が下降。昨季は2度の二軍落ちを経験し、先発転向案も出ていた。それでも中継ぎにこだわる浅尾は配置転換を拒否。再びセットアッパーの座を取り戻すべく意気込んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事