先輩の前でドンブリ飯3杯 中日・小笠原に早くも大物の風格

公開日: 更新日:

 9日、中日の黄金ルーキーは小笠原慎之介投手(18)は、陸上競技場でランニングと「格闘」していた。

 先輩投手との800メートル走は2分44秒でベストタイムを更新したが、順位はシンガリ。キャンプインしてからランニングはいつも最後だ。高校時代からランニングが苦手という小笠原は「『ドラゴンズはランニングメニューがきつい』というのは聞いていましたが、やっぱりきついですね」と苦笑いだ。

 その一方で、キャンプ序盤から一軍投手としての“風格”は漂わせつつある。

 9日は谷繁監督が見守る中、ブルペンで捕手を初めて座らせ、ストレートのみの33球。「7割くらいの力」(小笠原)で最速146キロをマークした。

 高校時代に痛めた左ひじを考慮されキャンプはスロー調整だが、「ひじの状態はいい。このまま維持したい。一日でも早く実戦で投げたい」と、イキイキとした表情。谷繁監督が投球を見ていたことについては、「後ろに監督がいたのはわかっていたが、あまり気にならなかった」と、臆することなく自分のペースを貫いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る