ひしめく先発10人 ドジャース前田「ローテ落ち」に現実味

公開日: 更新日:

 日本人ルーキー右腕が先発ローテ入りに目の色を変えている。

 すでにキャンプ地アリゾナ州グランデールで汗を流しているドジャース・前田健太(27)。17日(日本時間18日)は短い距離でのキャッチボールとランニングを行っただけでクラブハウスを後にした。16日には正捕手グランダル相手に投球練習。20日のバッテリー組のキャンプインに向けて、ここまでは順調な仕上がりを見せている。初めてキャンプ地入りした際には「自分のペースを守っていきたいと思うけど、1年目ですしマイペースでやり過ぎるのも良くない。こっちではルーキーなので、アピールする部分はしっかりしたい」と話し、ペースを上げると強調したが、それも当然ではないか。

 ドジャースの先発陣は質、量とも豊富で、オープン戦の結果次第では開幕からのローテ入りは厳しい状況だからだ。地元紙も含めた複数の米メディアによれば、今季の先発ローテーションはカーショウ(27=年俸約37億円)、カズミアー(32=約13億円)、アンダーソン(28=約18億円)、ウッド(25)の左腕4人に前田を加えた5人。前田は先発4番手で起用されるとみられているものの、チーム内にはこの5人以外にも実績ある先発投手がひしめいている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る