米で始動のマエケンを待つドジャース「キャンプ歓迎儀式」

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(27)がメジャー1年目のシーズンに向けて調整のピッチを上げてきた。

 すでにキャンプ地アリゾナ州グレンデールの球団施設で自主トレを開始した前田。16日(日本時間17日)にはブルペン入りし、正捕手としての起用が有力視されるヤスマニ・グランダル(27)を相手に30球を投げ込んだ。

 前日には「マイペースでやり過ぎるのは良くない。こちらではルーキーなので、アピールする部分はしないと」と先発ローテ入りに意欲を見せたが、新人右腕はクラブハウスでのアピールも必要になる。

 ドジャースはキャンプ中に新人選手がクラブハウスで隠し芸を披露するのが恒例行事。新人歓迎の儀式で、出し物の内容は選手に任され、歌やモノマネなどさまざまだ。

 過去にドジャースでプレーした日本人選手も儀式を行っており、06年の斎藤隆(現パドレス職員)はギターを手にビートルズの「ヘイ・ジュード」を熱唱。08年の黒田博樹(現広島)はエルビス・プレスリーの衣装を着て「ラブミー・テンダー」を披露した。当時、英語が話せなかった黒田は1週間前から通訳とマンツーマンで練習したほど。日本人選手が拙い英語で必死に歌う姿が好感を呼んだのだろう。斎藤、黒田とも儀式を終えると自然にチームに溶け込んでいったという。

 前田は渡米する際「コミュニケーションを取って、なじめるようにしたい」と話した。ナインと良好な関係を築くためにも、英語で歌の練習も必要か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る