米で始動のマエケンを待つドジャース「キャンプ歓迎儀式」

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(27)がメジャー1年目のシーズンに向けて調整のピッチを上げてきた。

 すでにキャンプ地アリゾナ州グレンデールの球団施設で自主トレを開始した前田。16日(日本時間17日)にはブルペン入りし、正捕手としての起用が有力視されるヤスマニ・グランダル(27)を相手に30球を投げ込んだ。

 前日には「マイペースでやり過ぎるのは良くない。こちらではルーキーなので、アピールする部分はしないと」と先発ローテ入りに意欲を見せたが、新人右腕はクラブハウスでのアピールも必要になる。

 ドジャースはキャンプ中に新人選手がクラブハウスで隠し芸を披露するのが恒例行事。新人歓迎の儀式で、出し物の内容は選手に任され、歌やモノマネなどさまざまだ。

 過去にドジャースでプレーした日本人選手も儀式を行っており、06年の斎藤隆(現パドレス職員)はギターを手にビートルズの「ヘイ・ジュード」を熱唱。08年の黒田博樹(現広島)はエルビス・プレスリーの衣装を着て「ラブミー・テンダー」を披露した。当時、英語が話せなかった黒田は1週間前から通訳とマンツーマンで練習したほど。日本人選手が拙い英語で必死に歌う姿が好感を呼んだのだろう。斎藤、黒田とも儀式を終えると自然にチームに溶け込んでいったという。

 前田は渡米する際「コミュニケーションを取って、なじめるようにしたい」と話した。ナインと良好な関係を築くためにも、英語で歌の練習も必要か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  10. 10

    コロナ拡大は安倍政権の人災 国立感染研大リストラの大罪

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る