• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米で始動のマエケンを待つドジャース「キャンプ歓迎儀式」

 ドジャース・前田健太(27)がメジャー1年目のシーズンに向けて調整のピッチを上げてきた。

 すでにキャンプ地アリゾナ州グレンデールの球団施設で自主トレを開始した前田。16日(日本時間17日)にはブルペン入りし、正捕手としての起用が有力視されるヤスマニ・グランダル(27)を相手に30球を投げ込んだ。

 前日には「マイペースでやり過ぎるのは良くない。こちらではルーキーなので、アピールする部分はしないと」と先発ローテ入りに意欲を見せたが、新人右腕はクラブハウスでのアピールも必要になる。

 ドジャースはキャンプ中に新人選手がクラブハウスで隠し芸を披露するのが恒例行事。新人歓迎の儀式で、出し物の内容は選手に任され、歌やモノマネなどさまざまだ。

 過去にドジャースでプレーした日本人選手も儀式を行っており、06年の斎藤隆(現パドレス職員)はギターを手にビートルズの「ヘイ・ジュード」を熱唱。08年の黒田博樹(現広島)はエルビス・プレスリーの衣装を着て「ラブミー・テンダー」を披露した。当時、英語が話せなかった黒田は1週間前から通訳とマンツーマンで練習したほど。日本人選手が拙い英語で必死に歌う姿が好感を呼んだのだろう。斎藤、黒田とも儀式を終えると自然にチームに溶け込んでいったという。

 前田は渡米する際「コミュニケーションを取って、なじめるようにしたい」と話した。ナインと良好な関係を築くためにも、英語で歌の練習も必要か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る