今夏で休部のPL野球部 清原容疑者逮捕で「廃部」へ一直線

公開日:  更新日:

 清原和博容疑者(48)の逮捕が決定打になりそうだ。

 春夏の甲子園で計7度の優勝を誇る高校野球屈指の名門・PL学園が昨17日、今夏の大会を最後に野球部の休部を発表。同校事務局は、「廃部ではなく休部という形になると思う。その先のことは分からない」と説明したように、このまま廃部となる可能性が高いともっぱらなのだ。

 PL学園はすでに、一昨年の秋から野球部の新規部員募集を停止。現在は2年生部員12人のみで活動しており、ここ数年は野球経験のない校長が監督として指揮を執るなど、かねて存続の危機が囁かれていた。この日、就任が正式発表された川上祐一新監督(41)も、同校剣道部OBの事務職員で本格的な野球経験がない。

 野球部の縮小は教団の意向で、体調が良くないとされる3代目教祖に代わって実権を握る教祖夫人が、私怨から野球部を目の敵にしているというのが定説になっている。折り合いの悪かった2代目教祖が注力した、教団広告塔としての野球部強化を全否定しているというのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る