今夏で休部のPL野球部 清原容疑者逮捕で「廃部」へ一直線

公開日: 更新日:

 清原和博容疑者(48)の逮捕が決定打になりそうだ。

 春夏の甲子園で計7度の優勝を誇る高校野球屈指の名門・PL学園が昨17日、今夏の大会を最後に野球部の休部を発表。同校事務局は、「廃部ではなく休部という形になると思う。その先のことは分からない」と説明したように、このまま廃部となる可能性が高いともっぱらなのだ。

 PL学園はすでに、一昨年の秋から野球部の新規部員募集を停止。現在は2年生部員12人のみで活動しており、ここ数年は野球経験のない校長が監督として指揮を執るなど、かねて存続の危機が囁かれていた。この日、就任が正式発表された川上祐一新監督(41)も、同校剣道部OBの事務職員で本格的な野球経験がない。

 野球部の縮小は教団の意向で、体調が良くないとされる3代目教祖に代わって実権を握る教祖夫人が、私怨から野球部を目の敵にしているというのが定説になっている。折り合いの悪かった2代目教祖が注力した、教団広告塔としての野球部強化を全否定しているというのである。

「教団内部の事情はともかく、上層部に野球部の存在意義を問う声があるのは事実です。昨年には室内練習場と野球部寮の取り壊しが決められました。彼らの主張は、『かつては教団の広告塔だった野球部は今や、相次ぐ不祥事で教団全体のイメージを悪くするだけのお荷物になった』というものです。確かに、PL野球部は平成13年夏の府大会直前に発覚した暴力事件で6カ月の対外試合禁止処分を受けて以降、20年には監督の体罰指導、23年と25年にも部内暴力が発覚して処分を受けた。存続派の分が悪いところにもってきて、野球部の象徴的存在である清原が覚醒剤で逮捕された。廃部派が勢いづくのは間違いありません。清原が名門野球部の消滅にダメを押すことになるとみています」(在阪高校野球関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい