相次ぐ絶縁宣言 清原容疑者は事実上の「球界永久追放」

公開日: 更新日:

 14年3月の週刊文春の薬物疑惑報道以降、清原和博容疑者(48)のもとからはクモの子を散らすように仲間が去っていった。

 着信を拒否し、メールを無視する者、携帯電話の番号自体を変える後輩選手も少なくなかった。文春報道後、写真誌フライデーのインタビューを受けた清原容疑者は薬物使用を完全否定した上で、「ガッカリしたのは、食事に行こうと約束していた日本ハム中田翔(26)が、この騒動で他人を介してドタキャンしたこと。こういうときにこそ、ホンマの人間関係がわかる」と名指しで“口撃”。一方的に標的にされた中田には同情の声が集まり、同じように騒動に巻き込まれてはたまらん、とみなが自己防衛をし始めた。

「それでも、縁を切れない選手やOBが何人かいた。現役時代に世話になった恩義があったり、逆恨みを恐れたりしたのでしょう。その中には、警視庁から任意で事情を聴かれているOBもいる。薬物とはまったく関係がないのに、清原から呼び出されるがまま何度か食事に付き合ったというだけで、そんな目に遭う。捜査員が何年もかけて、いかに詳細に清原の行動を把握していたかということでもあるが、球界の人間からすれば迷惑千万です。別の元同僚選手も清原が逮捕される前後の数十日、捜査員と思われる人間にずっと尾行されて気持ちの悪い思いをしている。ある種の実害をこうむって、辟易としている人間が球界にはいるのです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る