日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

200投球回目標も…ヤンキース田中 消えない「右肘不安」

 ヤンキース・田中将大(27)が19日(日本時間20日)、メジャー3年目のシーズンに向けてキャンプイン。ブルペン入りして、変化球を交えて投球練習を行うなど、通常通りのメニューで初日を終えた。

 今季も開幕投手が有力視されているだけに「シーズンを通して投げたい」と200イニング登板を目標に掲げている。

 200投球回はエースに課された最低限のノルマとはいえ、田中にとってはハードルが高い。ヤンキースへ移籍して以来、右肘や右手首などの故障が相次ぎ、1年目の14年は136回3分の1、昨季は154回と大台にはるかに及ばなかった。200回に到達するには最低でも30試合の先発登板が必要だけに、ノルマを達成には、これまでのように痛いのかゆいのと言っていられない。

 田中は昨年10月に右肘骨片(通称ねずみ)除去手術を受けた。「クリアした部分があるので、今年の方がいいと思う」と話したが、安心はできない。ねずみを取り除いても、投手によって肘に違和感が残るケースがあるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事