• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAラミ監督「積極的」発言で狙う“二匹目のドジョウ”

投稿日:  更新日:

「追い込まれてからの打率が非常に悪い。三振するよりも早いカウントから積極的に仕掛けていく。シーズン中もできるようにやっていきたい」

 こう語るのは、DeNAのラミレス監督だ。

 14日、中日との練習試合に6-1で快勝。目立ったのは積極打法だ。

 二回には荒波、九回には飛雄馬がそれぞれ初球をフルスイングして本塁打を放つなど、計12安打中8安打が初球、もしくはファーストストライクを打ったもの。凡打したもの、空振りしたものも含め、個々の選手には積極的にファーストストライクから打っていこうという意思が見えた。

 初回に中前打で出塁した荒波(写真)は「チーム全体で『積極的に振っていっていい』と言われている。打撃コーチからの指示もあるし、積極的に振れていると思う」と手応えを口にした。

 積極打法といえば、昨年のヤクルトが似たような戦術でリーグ屈指の打撃成績を残し、2年連続最下位からリーグ優勝を果たしている。「二匹目のドジョウ」となるのかどうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る