MLB選手会も目の敵 マエケン「130億円出来高払い」の波紋

公開日:  更新日:

 前田健太(27)がドジャースと契約を結んだとき、出来高払いが極端に厚い内容に大リーグ選手会は怒り心頭だった。

 約130億円の出来高払いがついたものの、基本給は年俸3億6000万円の8年契約。どんなによい成績を残しても8年間、年俸ベースは変わらない。

 12年にはシーズン成績に加えて、個人的な通算記録に関するボーナス契約が禁止された。せっかく基本給を手厚くする風潮になったのに、よくもまあ、そんな球団優位のアホな契約を結んでくれたものだと、「世界最強の労組」といわれるMLB選手会がかみついた。

 西海岸の代理人関係者がこう言った。

「メッツのカダイアーがこのオフ、2年24億円の契約を1年残して引退表明。故障続きで体力の限界と言ったが、今年も引き続きプレーすれば24億円が丸々、転がり込んでくるはずだった。2年24億円の年俸は、13年に首位打者を獲得した実績がメッツに評価されたからで、それなのに、せっかく手に入れた権利をみすみす放棄するなんてとんでもないというのが選手会の理屈です。カダイアーには選手会専務理事のトニー・クラークも激怒しているといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る