• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドジャース前田はもう丸裸 ライバル球団の恐るべき分析力

 日本人の新人右腕が早くも他球団に丸裸にされたという。

 広島からポスティングシステムでドジャースに移籍した前田健太(27)。FA市場の目玉の一人として注目を集めただけに、ドジャース以外にも多くの球団が獲得に向けて調査を重ねてきた。米メディアによれば、前田には計10チーム近くが関心を寄せていたそうだ。

 中でも獲得に熱心だったのがドジャースを含めたナ・リーグ西地区の4球団(ロッキーズを除く)。いずれの球団も早い時期から日本にスカウトやGM補佐などを派遣し、13年WBC、昨年のプレミア12と、国際大会での登板もあわせて熱心に視察を続けてきた。各球団のGM、代理人などが一堂に会した昨年12月のウインターミーティング(テネシー州ナッシュビル)では「素晴らしい投手。試合をつくれる」(ダイヤモンドバックス・スチュワートGM)、「獲得候補の一人」(ジャイアンツ・エバンスGM)と各球団のフロント幹部がラブコール。数年来、ファン開拓、選手獲得など日本市場への進出を目指すパドレスの補強リストにも前田の名前が載っていたといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る