ドジャース前田はもう丸裸 ライバル球団の恐るべき分析力

公開日:  更新日:

 日本人の新人右腕が早くも他球団に丸裸にされたという。

 広島からポスティングシステムでドジャースに移籍した前田健太(27)。FA市場の目玉の一人として注目を集めただけに、ドジャース以外にも多くの球団が獲得に向けて調査を重ねてきた。米メディアによれば、前田には計10チーム近くが関心を寄せていたそうだ。

 中でも獲得に熱心だったのがドジャースを含めたナ・リーグ西地区の4球団(ロッキーズを除く)。いずれの球団も早い時期から日本にスカウトやGM補佐などを派遣し、13年WBC、昨年のプレミア12と、国際大会での登板もあわせて熱心に視察を続けてきた。各球団のGM、代理人などが一堂に会した昨年12月のウインターミーティング(テネシー州ナッシュビル)では「素晴らしい投手。試合をつくれる」(ダイヤモンドバックス・スチュワートGM)、「獲得候補の一人」(ジャイアンツ・エバンスGM)と各球団のフロント幹部がラブコール。数年来、ファン開拓、選手獲得など日本市場への進出を目指すパドレスの補強リストにも前田の名前が載っていたといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る