ドジャース前田はもう丸裸 ライバル球団の恐るべき分析力

公開日: 更新日:

 日本人の新人右腕が早くも他球団に丸裸にされたという。

 広島からポスティングシステムでドジャースに移籍した前田健太(27)。FA市場の目玉の一人として注目を集めただけに、ドジャース以外にも多くの球団が獲得に向けて調査を重ねてきた。米メディアによれば、前田には計10チーム近くが関心を寄せていたそうだ。

 中でも獲得に熱心だったのがドジャースを含めたナ・リーグ西地区の4球団(ロッキーズを除く)。いずれの球団も早い時期から日本にスカウトやGM補佐などを派遣し、13年WBC、昨年のプレミア12と、国際大会での登板もあわせて熱心に視察を続けてきた。各球団のGM、代理人などが一堂に会した昨年12月のウインターミーティング(テネシー州ナッシュビル)では「素晴らしい投手。試合をつくれる」(ダイヤモンドバックス・スチュワートGM)、「獲得候補の一人」(ジャイアンツ・エバンスGM)と各球団のフロント幹部がラブコール。数年来、ファン開拓、選手獲得など日本市場への進出を目指すパドレスの補強リストにも前田の名前が載っていたといわれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る