マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

右手素振りはダウンスイング軌道が良くなる

公開日: 更新日:

 先週の米ツアー、ノーザントラストオープンはレフティーのB・ワトソンが最終日もスコアを3つ伸ばし、通算15アンダーで優勝。これでツアー通算9勝目を手に入れた。

 ワトソンといえば300ヤードを軽く超えるドライバーに定評があるが、スイングはかなり変則的だ。アドレスは強烈なオープンスタンス。常識外れなほど右を向いた構えから、常識外れなほどのスライスボールを打っている。アマチュアが到底真似できる代物ではない。

 本題に入ろう。常識外れなことは「良くない」と思われがちだが、常識に縛られることもいいとは言い切れない。

 常識に縛られるほどに視野が狭くなるからだ。ゴルフにおいても視野を広くするという意味では、時に常識外れなことをやってみるのもいい。

 では、どんなことをやればゴルフの視野が広がるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  7. 7

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  8. 8

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る