日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
マーク金井
著者のコラム一覧
マーク金井クラブアナリスト、クラブ設計家

1958年、大阪府出身。ハンデ3。ゴルフ雑誌の編集記者からフリーに転身。05年にアナライズを設立し、自社スタジオでゴルフクラブの計測、試打を専門的に始める。同時にメーカーが作れなかった、アマチュアを救うクラブを設計し販売も手がける。執筆活動も積極に行い、新聞、雑誌、インターネットで連載を多数抱え、著作物も定期的に発刊。近著では、「今より30ヤード飛ぶクラブを選ぶための36の法則」(実業之日本社)、「一生役立つゴルフゴルフ超上達法」(マイナビ出版)がある。現在、新刊書も数冊手がけている。

水平素振りがシャフトの角度を正しく保つ感覚を養う

 先週の米ツアー、AT&Tペブルビーチナショナルプロアマは、最終日に7アンダーを叩き出したボーン・テイラーが通算17アンダーで逆転優勝。11年ぶりのツアー3勝目を飾った。

 日本勢でただ一人出場の岩田寛は終盤まで優勝争いに絡みながらも、上がり3ホールで2つのボギーを叩き、惜しくも4位タイで試合を終えている。

 2週間続けて米ツアーをじっくりとテレビ観戦したが、改めて感じたのが米ツアー選手のダウンスイングの安定感だ。昔と違ってクラブを縦に振り下ろす選手はいない。ダウン前半部分で、シャフトが適度に寝ている。飛球線後方から確認すると、斜め45度ぐらいだ。ダウンスイング後半からインパクトにかけても、シャフトが斜め45度をキープしたままインパクトを迎えている。ダウンスイング中、シャフトの角度がほとんど変わらないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事