“超変革”求めるがゆえ…金本阪神に燻ぶる「3つの火種」

公開日: 更新日:

 特に熱を入れていたのが昨年の右手有鉤骨骨折の影響で二軍スタートとなった高山だった。ある阪神OBが言う。

「わざわざフリー打撃を中断させてまで身ぶり手ぶりでレクチャーしていた。足を高く上げて静止状態をつくるなど、タイミングの取り方については再三再四、教え込んでいたよ。密着度は他の選手とは段違いで多かった。約30年ぶりにユニホームを着ることになり、遠慮なく指導ができる。自分で選手を成長させたという満足感や実績は欲しいだろう。バットコントロールのうまい高山は格好の素材だったわけだけど、一軍に上がれば結局、打撃にうるさい金本監督によるメスが入る。それで結果を残せば金本監督の手柄になる。二軍の打撃&育成コーディネーターだった昨年に指導した横田、陽川らも当時は『掛布チルドレン』と呼ばれていたが、実戦ではサッパリだった。彼らの成長はうれしいだろうけど、それも金本監督の助言ということになれば、複雑な気持ちではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る