上原、田沢にも影響 レッドソックス「リリーフ陣」大補強

公開日: 更新日:

 今季、勝利の方程式の一角として期待されているのがレッドソックス・上原浩治(40)、田沢純一(29)の日本人リリーバーだ。

 上原はキャンプ序盤に体調不良からめまいを訴えて別メニューでの調整を強いられたが、今では他の投手陣同様、ブルペン入りし、2月29日には51球を投げ込むほど回復。一方の田沢はオフにウエートトレに励み、昨年よりも一回り大きくなった体でキャンプイン。4日のレイズ戦でのオープン戦初登板が決まるなど、上原とともに、ここまで仕上がりは順調だ。

 2年連続最下位からの脱出を図るレッドソックスは昨オフ、ブレーブス時代に4年連続最多セーブのタイトルを獲得した右腕キンブレル(前パドレス)をトレードで獲得した。ファレル監督はキンブレルをクローザーで起用する方針のため、昨季まで守護神を務めた上原は田沢とともに主に八回に登板するセットアッパーに回る。キンブレルの他に、昨季マリナーズで13セーブを挙げた右腕スミスをトレードで獲得。メジャー3年目の右腕バーンズ(25)らの若手も成長し、リリーフ陣は質、量とも豊富だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る