• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブルペン最多61球も…ヤンキース田中「実戦登板」は不透明

 右肘手術からの復活を目指すヤンキース・田中将大(27)が調子を上げてきた。

 今季もエース級の働きが期待される右腕は28日(日本時間29日)、ブルペン入り。キャンプ4度目の投球練習は、ここまで最多の61球を投げた。

 ロスチャイルド投手コーチを打席に立たせるなど、実戦を想定した投げ込みで、全球種を披露した。

 田中は「球数を上乗せできたので、すごく良かった。バランスを意識しながら投げられたと思う」と満足そうに振り返った。

 今季は2年連続開幕投手を有力視されながら、現状では実戦登板の予定すら立っていない。

 この日、ジラルディ監督はオープン戦3戦目までの先発投手を発表。2日の初戦(タイガース戦)からセビリアーノ(22)、ノバ(29)、ミッチェル(24)の3人が指名された。いずれも、ローテーションの当落線上にいる右腕だ。ジラルディ監督によれば、田中も含めてエース左腕サバシアらの主力投手は、実戦マウンドに上がる準備ができていないため、他の先発候補を起用するという。

 指揮官は「間もなく、他の投手たちもフリー打撃に登板する」と、実戦登板の目安を示したが、田中の予定は依然として不透明だ。

 田中のオープン戦登板は、しばらく先か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る