ブルペン最多61球も…ヤンキース田中「実戦登板」は不透明

公開日: 更新日:

 右肘手術からの復活を目指すヤンキース・田中将大(27)が調子を上げてきた。

 今季もエース級の働きが期待される右腕は28日(日本時間29日)、ブルペン入り。キャンプ4度目の投球練習は、ここまで最多の61球を投げた。

 ロスチャイルド投手コーチを打席に立たせるなど、実戦を想定した投げ込みで、全球種を披露した。

 田中は「球数を上乗せできたので、すごく良かった。バランスを意識しながら投げられたと思う」と満足そうに振り返った。

 今季は2年連続開幕投手を有力視されながら、現状では実戦登板の予定すら立っていない。

 この日、ジラルディ監督はオープン戦3戦目までの先発投手を発表。2日の初戦(タイガース戦)からセビリアーノ(22)、ノバ(29)、ミッチェル(24)の3人が指名された。いずれも、ローテーションの当落線上にいる右腕だ。ジラルディ監督によれば、田中も含めてエース左腕サバシアらの主力投手は、実戦マウンドに上がる準備ができていないため、他の先発候補を起用するという。

 指揮官は「間もなく、他の投手たちもフリー打撃に登板する」と、実戦登板の目安を示したが、田中の予定は依然として不透明だ。

 田中のオープン戦登板は、しばらく先か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る