• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「清原逮捕は甘やかしが原因」の声に西武元球団幹部が反論

 清原和博(48)が逮捕され、球界の重鎮からは「若いときにきちんと教育をしなかったからだ。球団の責任も重い」との声が上がっている。18歳で入団した西武では当時の堤オーナーから特別視されたが、チーム内でもそうだったのか。11年シーズン限りで西武を退団するまで打撃投手、スコアラー、査定担当、そして取締役球団本部長の要職を務めた前田康介氏(71)が振り返る。

  ◇  ◇  ◇

 86年にPL学園から入団してきた18歳の清原のことは、鮮明に覚えています。1年目の春季キャンプで初めて見た打撃練習は衝撃的でした。前年に40本塁打を放ってブレークした5歳上の秋山幸二と比べても遜色なかった。強靱なリストを使ってボールをはじき返す秋山に対して、清原はボールをバットに乗せて運ぶタイプ。右方向にも長打を打てる清原の方に、長距離打者としての天賦の才を感じました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る