マエケンに懸念の声…右肘の異常を加速させる“特異体質”

公開日: 更新日:

「日本でも投げたことあるし、自分の中で調整法もある」――。

 7日(日本時間8日)の入団会見でドジャース前田健太(27=前広島)が、中4日の登板間隔について自信を見せた。

 一方で「身体検査においてイレギュラーな点があった」と自ら健康不安を告白。具体的な箇所は明かさなかったが、7日付の大リーグ公式ホームページは「右肘」の異常を指摘し、「どこかの時点でトミー・ジョン(靱帯の再建)手術を受ける可能性がある」と伝えている。

 ドジャースでは事前に前田サイドから医師による診断書の提供を受け、異常は織り込み済み。フリードマン編成本部長は「仮に故障しても、練習熱心な彼ならさらに強くなって復帰するはずだ」と、リスク覚悟で獲得に踏み切ったことを明かした。

 しかし、球団フロントの懸念は早い時期に現実のものとなるかもしれない。前田の「体質」が患部の悪化を招きかねないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る