ド軍先発陣に故障相次ぐ…マエケン“2番手”に昇格の可能性

公開日: 更新日:

 ルーキー右腕がまた結果を残した。

 ドジャース・前田健太(27)が10日(日本時間11日)のアスレチックス戦に登板。3回を2安打、2四球、無失点だった。

 オープン戦2試合目のマウンドは、いずれも2死から走者を許した。

 一回は1、2番を簡単に仕留めながら、3番レディックに四球。二回には強打のDHバトラーから見逃し三振を奪ったが、続くアロンソに左前打を許す。いずれも後続を抑えたが、三回には2番コグランに中前打、続くレディックを四球で歩かせる。この日、唯一、得点圏に走者を背負ったが、前田は動じることなく、4番バレンシアを三ゴロに仕留めてピンチを脱した。くせ者が揃うアスレチックス打線にてこずりながらも要所を締めてつけ入る隙を与えなかった。

 これでオープン戦は初登板だった前回5日のダイヤモンドバックス戦に続いて2戦連続無失点と上々の仕上がりぶりをアピールしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る