ド軍先発陣に故障相次ぐ…マエケン“2番手”に昇格の可能性

公開日:  更新日:

 ルーキー右腕がまた結果を残した。

 ドジャース・前田健太(27)が10日(日本時間11日)のアスレチックス戦に登板。3回を2安打、2四球、無失点だった。

 オープン戦2試合目のマウンドは、いずれも2死から走者を許した。

 一回は1、2番を簡単に仕留めながら、3番レディックに四球。二回には強打のDHバトラーから見逃し三振を奪ったが、続くアロンソに左前打を許す。いずれも後続を抑えたが、三回には2番コグランに中前打、続くレディックを四球で歩かせる。この日、唯一、得点圏に走者を背負ったが、前田は動じることなく、4番バレンシアを三ゴロに仕留めてピンチを脱した。くせ者が揃うアスレチックス打線にてこずりながらも要所を締めてつけ入る隙を与えなかった。

 これでオープン戦は初登板だった前回5日のダイヤモンドバックス戦に続いて2戦連続無失点と上々の仕上がりぶりをアピールしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る