米公式球が負担に マエケンの肩肘を襲うさらなるダメージ

公開日:  更新日:

「すべてのボールをコントロールできた。ボールとマウンドに対する不安はなくなった」

 ドジャースの前田健太(27)が、オープン戦初登板をこう振り返った。

 5日(日本時間6日)のダイヤモンドバックス戦に先発して2回を1安打無失点、2奪三振。打者6人に対して、初球はいずれもストライクだった。左右、高低のコントロールとも申し分なし。この日の投球内容に関していえば、ケチのつけようがなかった。

 が、問題はこれからではないか。

 メジャー通算32勝(47敗)、日本ハムの吉井理人投手コーチは以前、本紙のコラムでこう書いていた。

「メジャー公認球は、当時のプロ野球のボールと比べて大きく重い。それに表面がかさかさして滑りやすかった。慣れたつもりでも、ブルペンで投げるのと実際に打者に対するのとではかかる負担も違う。とにかく滑るため、ボールが上ずる。低めに投げようとするあまり、無意識のうちに指先に力が入る。普通に投げても前腕の内側が張るが、外側の筋肉にも張りが生じ、やがて炎症を起こした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る