米公式球が負担に マエケンの肩肘を襲うさらなるダメージ

公開日: 更新日:

「すべてのボールをコントロールできた。ボールとマウンドに対する不安はなくなった」

 ドジャースの前田健太(27)が、オープン戦初登板をこう振り返った。

 5日(日本時間6日)のダイヤモンドバックス戦に先発して2回を1安打無失点、2奪三振。打者6人に対して、初球はいずれもストライクだった。左右、高低のコントロールとも申し分なし。この日の投球内容に関していえば、ケチのつけようがなかった。

 が、問題はこれからではないか。

 メジャー通算32勝(47敗)、日本ハムの吉井理人投手コーチは以前、本紙のコラムでこう書いていた。

「メジャー公認球は、当時のプロ野球のボールと比べて大きく重い。それに表面がかさかさして滑りやすかった。慣れたつもりでも、ブルペンで投げるのと実際に打者に対するのとではかかる負担も違う。とにかく滑るため、ボールが上ずる。低めに投げようとするあまり、無意識のうちに指先に力が入る。普通に投げても前腕の内側が張るが、外側の筋肉にも張りが生じ、やがて炎症を起こした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る