米公式球が負担に マエケンの肩肘を襲うさらなるダメージ

公開日: 更新日:

「すべてのボールをコントロールできた。ボールとマウンドに対する不安はなくなった」

 ドジャースの前田健太(27)が、オープン戦初登板をこう振り返った。

 5日(日本時間6日)のダイヤモンドバックス戦に先発して2回を1安打無失点、2奪三振。打者6人に対して、初球はいずれもストライクだった。左右、高低のコントロールとも申し分なし。この日の投球内容に関していえば、ケチのつけようがなかった。

 が、問題はこれからではないか。

 メジャー通算32勝(47敗)、日本ハムの吉井理人投手コーチは以前、本紙のコラムでこう書いていた。

「メジャー公認球は、当時のプロ野球のボールと比べて大きく重い。それに表面がかさかさして滑りやすかった。慣れたつもりでも、ブルペンで投げるのと実際に打者に対するのとではかかる負担も違う。とにかく滑るため、ボールが上ずる。低めに投げようとするあまり、無意識のうちに指先に力が入る。普通に投げても前腕の内側が張るが、外側の筋肉にも張りが生じ、やがて炎症を起こした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  4. 4

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  5. 5

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  6. 6

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  7. 7

    DeNA筒香が大打撃…侍メンバー漏れでメジャー挑戦に暗雲

  8. 8

    CS出場なのに…阪神“蚊帳の外”侍Jに選出ゼロという悲哀

  9. 9

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  10. 10

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る