甲子園で“思い出づくり”…打撃練習でプロ並み快音は誰だ?

公開日: 更新日:

 センバツ出場校の甲子園練習は17日が最終日。写真は32番目に登場した、いなべ総合(三重)のフリー打撃のひとコマだが、構えもフォームも高校球児にしては堂に入っているような……。

 実は左打席から快音を響かせていたのは選手ではなく、西川明野球部副部長(31)。三重高、法大を経て06年のドラフト7巡目で中日に入団した元プロ野球選手だ。

 三重高時代は1年春からレギュラーも、甲子園出場の経験はなし。この日はナインとともに、思い出づくりで打席に立ったという。ちなみに初戦の相手は四国大会と昨秋の明治神宮大会を制した高松商(香川)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る