• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

甲子園で“思い出づくり”…打撃練習でプロ並み快音は誰だ?

 センバツ出場校の甲子園練習は17日が最終日。写真は32番目に登場した、いなべ総合(三重)のフリー打撃のひとコマだが、構えもフォームも高校球児にしては堂に入っているような……。

 実は左打席から快音を響かせていたのは選手ではなく、西川明野球部副部長(31)。三重高、法大を経て06年のドラフト7巡目で中日に入団した元プロ野球選手だ。

 三重高時代は1年春からレギュラーも、甲子園出場の経験はなし。この日はナインとともに、思い出づくりで打席に立ったという。ちなみに初戦の相手は四国大会と昨秋の明治神宮大会を制した高松商(香川)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る