甲子園で“思い出づくり”…打撃練習でプロ並み快音は誰だ?

公開日: 更新日:

 センバツ出場校の甲子園練習は17日が最終日。写真は32番目に登場した、いなべ総合(三重)のフリー打撃のひとコマだが、構えもフォームも高校球児にしては堂に入っているような……。

 実は左打席から快音を響かせていたのは選手ではなく、西川明野球部副部長(31)。三重高、法大を経て06年のドラフト7巡目で中日に入団した元プロ野球選手だ。

 三重高時代は1年春からレギュラーも、甲子園出場の経験はなし。この日はナインとともに、思い出づくりで打席に立ったという。ちなみに初戦の相手は四国大会と昨秋の明治神宮大会を制した高松商(香川)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    初めて歩いた瞬間のビデオ…赤の他人から返されビックリ!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る