• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「勝つ高校」と「負ける高校」は? センバツ1回戦完全予想

 第88回センバツ高校野球大会(20日から12日間)の組み合わせが11日、決まった。出場32校中、チーム打率トップの大阪桐蔭が優勝争いの軸。東邦―関東一、札幌第一―木更津総合、敦賀気比―青森山田と、初戦から昨秋の各地区大会優勝校が激突する好カードが目白押し。1回戦全16試合の勝敗を占った。

■第1日

 第1試合は智弁学園が福井工大福井に勝つ。第2試合は常総学院が鹿児島実との好カードを制す。常総学院のエース左腕の鈴木は昨春のセンバツ8強入りに貢献。昨秋の関東大会で、優勝候補の呼び声高い横浜を撃破しセンバツ切符をつかむ原動力になった。2番手の樫村も好投手。打線は4番の宮里を中心に勝負強く、投打ともに高レベル。鹿児島実もチーム打率.363の強力打線と堅守を誇る好チームだが、常総学院が上回る。第3試合は桐生第一が滋賀学園を下す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る