豪栄道も撃沈 白鵬の“エルボー”に日本人大関やられっ放し

公開日: 更新日:

「今場所が終わったような感じだね」

 中継を解説する北の富士(元横綱)も、思わずそう呟いた。

 12日目は1敗同士の白鵬(31)と豪栄道(29)が対戦するも、横綱に軍配。その直後、やはり1敗を守っていた稀勢の里(29)が日馬富士にはたき込まれ、優勝戦線から後退。ファンのため息が館内にむなしく響いた。

 これで1敗の白鵬は単独トップとなり、13日目は同じモンゴル人横綱の鶴竜。14日目と千秋楽は琴奨菊と日馬富士が濃厚とあれば、白鵬の優勝を疑う者はいない。北の富士が嘆くのも当然だ。

 それにしても情けないのが日本人大関たちだ。この日、豪栄道は立ち合いから白鵬の常套手段ともいえる「左の張り、右のかち上げ」のコンビネーションをまともに食らい、ひるんだところを一気に押し出された。11日目の稀勢の里も同様のワンツーで沈んでいる。

 もはや「かち上げ」とも呼べない白鵬のエルボーだが、毎度同じ手でやられる方もどうかしている。大関殺すにゃ技術はいらぬ、ヒジの一つもあればよい――。相撲がつまらなくなるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  3. 3

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る