豪栄道も撃沈 白鵬の“エルボー”に日本人大関やられっ放し

公開日:  更新日:

「今場所が終わったような感じだね」

 中継を解説する北の富士(元横綱)も、思わずそう呟いた。

 12日目は1敗同士の白鵬(31)と豪栄道(29)が対戦するも、横綱に軍配。その直後、やはり1敗を守っていた稀勢の里(29)が日馬富士にはたき込まれ、優勝戦線から後退。ファンのため息が館内にむなしく響いた。

 これで1敗の白鵬は単独トップとなり、13日目は同じモンゴル人横綱の鶴竜。14日目と千秋楽は琴奨菊と日馬富士が濃厚とあれば、白鵬の優勝を疑う者はいない。北の富士が嘆くのも当然だ。

 それにしても情けないのが日本人大関たちだ。この日、豪栄道は立ち合いから白鵬の常套手段ともいえる「左の張り、右のかち上げ」のコンビネーションをまともに食らい、ひるんだところを一気に押し出された。11日目の稀勢の里も同様のワンツーで沈んでいる。

 もはや「かち上げ」とも呼べない白鵬のエルボーだが、毎度同じ手でやられる方もどうかしている。大関殺すにゃ技術はいらぬ、ヒジの一つもあればよい――。相撲がつまらなくなるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る