綱とり狙う琴奨菊 白鵬の初日黒星が“追い風”にならないワケ

公開日: 更新日:

 13日に初日を迎えた大相撲春場所。大関琴奨菊(32)は高安を破り、順調な滑り出しとなった。

 先場所は14勝1敗で日本出身力士として10年ぶりの優勝。綱とりのかかる今場所で首尾よく「初日」を出し、しかも賜杯争いの最大のライバル、横綱白鵬(31)がいきなりコケた。

 安易なはたきで宝富士を呼び込むと、追い詰められた土俵際で苦し紛れの小手投げ。これが裏目に出て、あっさりと寄り切られたのだ。これまで序盤に取りこぼすことはあっても、ここまで雑な相撲は珍しい。評論家の中澤潔氏が言う。

「今場所の白鵬の体を見る限り、鍛えたという印象はない。35回の優勝で気持ちの上での張りがなくなったのかもしれない。気持ちが切れたら、いくら稽古に励んでも身になりませんからね。角界では、『土俵入りがうまくなった横綱は引退が近い』と言われます。それだけ長く綱を張り、地位に慣れて土俵入りが見事になってきた今の白鵬には、敗因が理解できないはず。いつ引退してもおかしくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る