• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綱とり狙う琴奨菊 白鵬の初日黒星が“追い風”にならないワケ

 13日に初日を迎えた大相撲春場所。大関琴奨菊(32)は高安を破り、順調な滑り出しとなった。

 先場所は14勝1敗で日本出身力士として10年ぶりの優勝。綱とりのかかる今場所で首尾よく「初日」を出し、しかも賜杯争いの最大のライバル、横綱白鵬(31)がいきなりコケた。

 安易なはたきで宝富士を呼び込むと、追い詰められた土俵際で苦し紛れの小手投げ。これが裏目に出て、あっさりと寄り切られたのだ。これまで序盤に取りこぼすことはあっても、ここまで雑な相撲は珍しい。評論家の中澤潔氏が言う。

「今場所の白鵬の体を見る限り、鍛えたという印象はない。35回の優勝で気持ちの上での張りがなくなったのかもしれない。気持ちが切れたら、いくら稽古に励んでも身になりませんからね。角界では、『土俵入りがうまくなった横綱は引退が近い』と言われます。それだけ長く綱を張り、地位に慣れて土俵入りが見事になってきた今の白鵬には、敗因が理解できないはず。いつ引退してもおかしくありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る