危なげなく2連勝も 琴奨菊がすすぎたい“ガス欠力士”の汚名

公開日: 更新日:

 綱とりを目指す大関琴奨菊が危なげない相撲で2連勝。嘉風を押し出して、「いい相撲だった」と自画自賛した。

 場内からの大歓声にも「冷静に自信をもってやれている。やるべきことをやっているから」と話したが、角界では綱とりを不安視する声が少なくない。関係者が言う。

「問題は中日以降でしょう。初場所で日本出身力士10年ぶりとなる優勝を飾って、各方面から引っ張りだこ。東京と故郷の福岡で2度も結婚披露宴をやり、同じく2度のパレードにテレビやイベント出演、各種取材依頼も200件を超えて、完全オフはわずかに1日しかなかったというからね。当然、稽古も満足にできず、今月7日の出稽古が初場所から初めての実戦的な稽古だった。筋力トレーニングは続けていたとはいえ、スタミナ面が心配だ。そもそも、ガス欠力士の汚名があったんだから」


 確かに、8日目以降の後半戦で失速するのが、いつものパターンではあった。大関に昇進した11年九州場所から先場所までの23場所(途中休場した3場所を除く)を見ても、7日目までの勝率が.689なのに対し、8日目以降は.500とガクッと落ちる。後半戦で上位陣と当たることを差し引いても、不安なデータである。

 98年の3代目若乃花以来となる和製横綱の誕生を期待するファンは、最後の最後まで気が抜けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る