危なげなく2連勝も 琴奨菊がすすぎたい“ガス欠力士”の汚名

公開日: 更新日:

 綱とりを目指す大関琴奨菊が危なげない相撲で2連勝。嘉風を押し出して、「いい相撲だった」と自画自賛した。

 場内からの大歓声にも「冷静に自信をもってやれている。やるべきことをやっているから」と話したが、角界では綱とりを不安視する声が少なくない。関係者が言う。

「問題は中日以降でしょう。初場所で日本出身力士10年ぶりとなる優勝を飾って、各方面から引っ張りだこ。東京と故郷の福岡で2度も結婚披露宴をやり、同じく2度のパレードにテレビやイベント出演、各種取材依頼も200件を超えて、完全オフはわずかに1日しかなかったというからね。当然、稽古も満足にできず、今月7日の出稽古が初場所から初めての実戦的な稽古だった。筋力トレーニングは続けていたとはいえ、スタミナ面が心配だ。そもそも、ガス欠力士の汚名があったんだから」


 確かに、8日目以降の後半戦で失速するのが、いつものパターンではあった。大関に昇進した11年九州場所から先場所までの23場所(途中休場した3場所を除く)を見ても、7日目までの勝率が.689なのに対し、8日目以降は.500とガクッと落ちる。後半戦で上位陣と当たることを差し引いても、不安なデータである。

 98年の3代目若乃花以来となる和製横綱の誕生を期待するファンは、最後の最後まで気が抜けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  6. 6

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  9. 9

    今度は全柔連のパワハラ隠蔽疑惑 山下会長の無責任な対応

  10. 10

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

もっと見る