白鵬にまた勝てず…稀勢の里“悪い癖”露呈で初賜杯遠のく

公開日: 更新日:

 歓声が一瞬にして悲鳴に変わった。

 11日目、結びの一番は全勝の大関稀勢の里(29)と1敗の横綱白鵬(30)。稀勢の里が勝てば先場所の琴奨菊に続く日本人優勝に一歩近づくとあって、場内には普段以上の声援が飛び交っていた。

 しかし、勝負はあっけなく決まった。白鵬に立ち合いで左の張り、右のかち上げのワンツーを食った稀勢の里は、一気に土俵際まで寄られ、最後は抵抗むなしく寄り倒し。これで対戦成績は稀勢の里の13勝42敗。初優勝を狙うどころか、まだまだ白鵬にはかなわないことを露呈した。

 稀勢の里は先日、力士や親方衆を驚かせたばかり。これまでは愚直な相撲しか取れず、技よりも力と体格任せ。それが9日目の琴奨菊戦で、立ち合いで当たると横に変化をしたのだ。これには敗れた琴奨菊が「あんな相撲じゃなくても勝てるのに」と愚痴をこぼせば、八角理事長(元横綱北勝海)も「初めて見た。今までは要領が悪いというか、正直過ぎたから」と、目を丸くしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る