• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白鵬にまた勝てず…稀勢の里“悪い癖”露呈で初賜杯遠のく

 歓声が一瞬にして悲鳴に変わった。

 11日目、結びの一番は全勝の大関稀勢の里(29)と1敗の横綱白鵬(30)。稀勢の里が勝てば先場所の琴奨菊に続く日本人優勝に一歩近づくとあって、場内には普段以上の声援が飛び交っていた。

 しかし、勝負はあっけなく決まった。白鵬に立ち合いで左の張り、右のかち上げのワンツーを食った稀勢の里は、一気に土俵際まで寄られ、最後は抵抗むなしく寄り倒し。これで対戦成績は稀勢の里の13勝42敗。初優勝を狙うどころか、まだまだ白鵬にはかなわないことを露呈した。

 稀勢の里は先日、力士や親方衆を驚かせたばかり。これまでは愚直な相撲しか取れず、技よりも力と体格任せ。それが9日目の琴奨菊戦で、立ち合いで当たると横に変化をしたのだ。これには敗れた琴奨菊が「あんな相撲じゃなくても勝てるのに」と愚痴をこぼせば、八角理事長(元横綱北勝海)も「初めて見た。今までは要領が悪いというか、正直過ぎたから」と、目を丸くしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る