勝負は1秒で決着も…琴奨菊vs.稀勢の里は若貴以来の注目度

公開日: 更新日:

 日本中の相撲ファンが固唾をのんで見守った……と言っても過言ではあるまい。

 大相撲3月場所9日目に激突した2人の日本人大関。1敗の琴奨菊(32)は前場所で日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たしており、綱取りのためにもこれ以上負けられない一番。ライバルに先を越された稀勢の里(29)は無傷の8連勝とあって、何とか悲願の初優勝を果たしたい。

 両者の思いがぶつかり合った相撲はしかし、1秒足らずで決着がついた。立ち合いで低く当たる琴奨菊に稀勢の里は頭からぶつかると、右に変化して突き落とし。熱戦を期待していたファンも拍子抜けしたのか、場内はしばらく騒然としていた。

 とはいえ、悪い話ばかりではない。モンゴル人が土俵を席巻して以来、日本人力士は刺し身のツマ扱い。好角家以外は彼らの対戦には見向きもしなかった。それが先場所、琴奨菊が初優勝を飾るや、呼応するように稀勢の里も快進撃。ここまで日本人力士同士の対戦に注目が集まるのは、95年11月場所で優勝決定戦を行った、若乃花と貴乃花の兄弟横綱対決以来だろう。

 この日もヒジ打ちを繰り出したように、汚い相撲しかできない横綱白鵬はすでに落ち目。日本人が土俵で主役に返り咲く日も、遠くはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    ウソウソウソ…恥を知らない“無敵の人”に監視される我々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る