• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝負は1秒で決着も…琴奨菊vs.稀勢の里は若貴以来の注目度

 日本中の相撲ファンが固唾をのんで見守った……と言っても過言ではあるまい。

 大相撲3月場所9日目に激突した2人の日本人大関。1敗の琴奨菊(32)は前場所で日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たしており、綱取りのためにもこれ以上負けられない一番。ライバルに先を越された稀勢の里(29)は無傷の8連勝とあって、何とか悲願の初優勝を果たしたい。

 両者の思いがぶつかり合った相撲はしかし、1秒足らずで決着がついた。立ち合いで低く当たる琴奨菊に稀勢の里は頭からぶつかると、右に変化して突き落とし。熱戦を期待していたファンも拍子抜けしたのか、場内はしばらく騒然としていた。

 とはいえ、悪い話ばかりではない。モンゴル人が土俵を席巻して以来、日本人力士は刺し身のツマ扱い。好角家以外は彼らの対戦には見向きもしなかった。それが先場所、琴奨菊が初優勝を飾るや、呼応するように稀勢の里も快進撃。ここまで日本人力士同士の対戦に注目が集まるのは、95年11月場所で優勝決定戦を行った、若乃花と貴乃花の兄弟横綱対決以来だろう。

 この日もヒジ打ちを繰り出したように、汚い相撲しかできない横綱白鵬はすでに落ち目。日本人が土俵で主役に返り咲く日も、遠くはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る