• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝負は1秒で決着も…琴奨菊vs.稀勢の里は若貴以来の注目度

 日本中の相撲ファンが固唾をのんで見守った……と言っても過言ではあるまい。

 大相撲3月場所9日目に激突した2人の日本人大関。1敗の琴奨菊(32)は前場所で日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たしており、綱取りのためにもこれ以上負けられない一番。ライバルに先を越された稀勢の里(29)は無傷の8連勝とあって、何とか悲願の初優勝を果たしたい。

 両者の思いがぶつかり合った相撲はしかし、1秒足らずで決着がついた。立ち合いで低く当たる琴奨菊に稀勢の里は頭からぶつかると、右に変化して突き落とし。熱戦を期待していたファンも拍子抜けしたのか、場内はしばらく騒然としていた。

 とはいえ、悪い話ばかりではない。モンゴル人が土俵を席巻して以来、日本人力士は刺し身のツマ扱い。好角家以外は彼らの対戦には見向きもしなかった。それが先場所、琴奨菊が初優勝を飾るや、呼応するように稀勢の里も快進撃。ここまで日本人力士同士の対戦に注目が集まるのは、95年11月場所で優勝決定戦を行った、若乃花と貴乃花の兄弟横綱対決以来だろう。

 この日もヒジ打ちを繰り出したように、汚い相撲しかできない横綱白鵬はすでに落ち目。日本人が土俵で主役に返り咲く日も、遠くはなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る