3敗で綱とり絶望…琴奨菊は横綱より“名脇役”が生きる道

公開日:  更新日:

 夢のままで終わらせた方がよい「夢」もある。

 前日、稀勢の里に2敗目を喫し、後がなくなった大関琴奨菊(32)。10日目も立ち合いから豪栄道に差されると、なす術もなく、すくい投げで敗れた。

 先場所優勝で綱とりを狙っていたが、3敗では絶望的。年齢を考えれば、これが最後のチャンスだっただろう。

 だが、先のことを考えれば、これでよかったのかもしれない。琴奨菊は大関在位26場所中、2ケタ勝利はわずか8度。カド番も5回を数える。それが横綱に昇進したからと、急に強くなるわけがないからだ。

 カド番制度のある大関とは異なり、横綱は負け越しが即引退につながる。賜杯を抱いた先場所がマグレとは言わないが、このままとんとん拍子で昇進したが最後、1年もたずに引退しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る