3敗で綱とり絶望…琴奨菊は横綱より“名脇役”が生きる道

公開日: 更新日:

 夢のままで終わらせた方がよい「夢」もある。

 前日、稀勢の里に2敗目を喫し、後がなくなった大関琴奨菊(32)。10日目も立ち合いから豪栄道に差されると、なす術もなく、すくい投げで敗れた。

 先場所優勝で綱とりを狙っていたが、3敗では絶望的。年齢を考えれば、これが最後のチャンスだっただろう。

 だが、先のことを考えれば、これでよかったのかもしれない。琴奨菊は大関在位26場所中、2ケタ勝利はわずか8度。カド番も5回を数える。それが横綱に昇進したからと、急に強くなるわけがないからだ。

 カド番制度のある大関とは異なり、横綱は負け越しが即引退につながる。賜杯を抱いた先場所がマグレとは言わないが、このままとんとん拍子で昇進したが最後、1年もたずに引退しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る