• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貴乃花親方「理事長選」強行出馬の陰に“裏金顧問”の暗躍

 何が何でも現体制に刃を向けなきゃ気が済まないようだ。相撲協会の貴乃花親方(43・元横綱)が、次期理事長選に立候補する。24日付スポーツニッポンで「立候補は同志の協力があってのこと」「北の湖前理事長の遺志に応えなければならない」「これが最初で最後の勝負」などと話している。28日の理事会で行われる理事長選は八角理事長(52=元横綱北勝海)との一騎打ちになる見込みだ。

 しかし、貴乃花親方は本気で「北の湖前理事長の遺志」を継ぐつもりなのか。

 今回の立候補には、確かに「同志の協力」がある。その筆頭がパチンコ業者の代理人関係者から札束を受け取った裏金顧問。親方連中が「ムダ」と口をそろえる工事に巨額の費用をつぎ込んだうえ、「内閣府にもスポーツ庁にも指導されている」とウソまでついて、ある会社の債券を70億円分も購入しようと企んだ人物だ。この裏金顧問は1月下旬、協会を解雇されたものの、依然として理事たちに強い影響力をもつといわれる。貴乃花親方は再三、裏金顧問を協会に復帰させようとしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る