貴乃花親方「理事長選」強行出馬の陰に“裏金顧問”の暗躍

公開日: 更新日:

 何が何でも現体制に刃を向けなきゃ気が済まないようだ。相撲協会の貴乃花親方(43・元横綱)が、次期理事長選に立候補する。24日付スポーツニッポンで「立候補は同志の協力があってのこと」「北の湖前理事長の遺志に応えなければならない」「これが最初で最後の勝負」などと話している。28日の理事会で行われる理事長選は八角理事長(52=元横綱北勝海)との一騎打ちになる見込みだ。

 しかし、貴乃花親方は本気で「北の湖前理事長の遺志」を継ぐつもりなのか。

 今回の立候補には、確かに「同志の協力」がある。その筆頭がパチンコ業者の代理人関係者から札束を受け取った裏金顧問。親方連中が「ムダ」と口をそろえる工事に巨額の費用をつぎ込んだうえ、「内閣府にもスポーツ庁にも指導されている」とウソまでついて、ある会社の債券を70億円分も購入しようと企んだ人物だ。この裏金顧問は1月下旬、協会を解雇されたものの、依然として理事たちに強い影響力をもつといわれる。貴乃花親方は再三、裏金顧問を協会に復帰させようとしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る