貴乃花親方「理事長選」強行出馬の陰に“裏金顧問”の暗躍

公開日:  更新日:

 何が何でも現体制に刃を向けなきゃ気が済まないようだ。相撲協会の貴乃花親方(43・元横綱)が、次期理事長選に立候補する。24日付スポーツニッポンで「立候補は同志の協力があってのこと」「北の湖前理事長の遺志に応えなければならない」「これが最初で最後の勝負」などと話している。28日の理事会で行われる理事長選は八角理事長(52=元横綱北勝海)との一騎打ちになる見込みだ。

 しかし、貴乃花親方は本気で「北の湖前理事長の遺志」を継ぐつもりなのか。

 今回の立候補には、確かに「同志の協力」がある。その筆頭がパチンコ業者の代理人関係者から札束を受け取った裏金顧問。親方連中が「ムダ」と口をそろえる工事に巨額の費用をつぎ込んだうえ、「内閣府にもスポーツ庁にも指導されている」とウソまでついて、ある会社の債券を70億円分も購入しようと企んだ人物だ。この裏金顧問は1月下旬、協会を解雇されたものの、依然として理事たちに強い影響力をもつといわれる。貴乃花親方は再三、裏金顧問を協会に復帰させようとしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る