前半戦は苦戦必至 王者ソフトBに“パ5球団の結束”という敵

公開日:  更新日:

 2年連続日本一を成し遂げ、12球団最大戦力を誇るソフトバンク。オープン戦もいまだ無敗とあれば誰もが優勝を予想するだろうが、“前半戦の成績”に限定すれば話は変わってくる。

 あるパ球団スコアラーが「普段通りのペナントレースにはならないよ」とこう続けるのだ。

「今季はパ5球団すべてが『打倒ソフトバンク』だからね。昨年は全5球団が貯金を献上した。仮に貯金をつくったところで、ソフトバンクを叩かないことには優勝は見えてこない。他球団のスタッフとも話したが、そう考えているのはウチだけじゃない。エースを優先的にぶつけるのはもちろん、死球上等の内角攻めも躊躇しない。集めたデータの量も、これまでの倍以上だからね」

 それでも長いシーズンだ。中には「やっぱりウチは3位狙いで」と方針転換をする球団が出てくる可能性はある。とはいえ、そうした動きは、おおよその趨勢が見えてくる夏場以降に表面化してくるもの。前半戦に限れば、5球団の結束が崩れることはないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る