前半戦は苦戦必至 王者ソフトBに“パ5球団の結束”という敵

公開日: 更新日:

 2年連続日本一を成し遂げ、12球団最大戦力を誇るソフトバンク。オープン戦もいまだ無敗とあれば誰もが優勝を予想するだろうが、“前半戦の成績”に限定すれば話は変わってくる。

 あるパ球団スコアラーが「普段通りのペナントレースにはならないよ」とこう続けるのだ。

「今季はパ5球団すべてが『打倒ソフトバンク』だからね。昨年は全5球団が貯金を献上した。仮に貯金をつくったところで、ソフトバンクを叩かないことには優勝は見えてこない。他球団のスタッフとも話したが、そう考えているのはウチだけじゃない。エースを優先的にぶつけるのはもちろん、死球上等の内角攻めも躊躇しない。集めたデータの量も、これまでの倍以上だからね」

 それでも長いシーズンだ。中には「やっぱりウチは3位狙いで」と方針転換をする球団が出てくる可能性はある。とはいえ、そうした動きは、おおよその趨勢が見えてくる夏場以降に表面化してくるもの。前半戦に限れば、5球団の結束が崩れることはないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る