一軍遠いソフトB松坂 安定感抜群“同学年”和田と何が違う?

公開日:  更新日:

「一軍はまだ早いんじゃないか」

 佐藤投手コーチのひと言が、現状を如実に物語っている。16日の西武戦に先発したソフトバンク・松坂大輔(35)のことだ。

 右肩手術から7カ月が経ち、約1年ぶりの一軍マウンド。用意された舞台は勝手知ったる古巣の西武ドーム。寒さを考慮され、試合前に予定の4回から2回に短縮されもした。それでも結果が伴わない。

 ソロ本塁打を浴びるなど、2回を投げて3安打1失点。ベース手前でワンバウンドするシーンもあり、制球の悪さは相変わらず。38球も費やしたうえ、そのうち140キロを超えたのはたった2球だった。球威も制球も物足りない内容に、「故障につながらないように(状態を)徐々に上げて欲しい」とは工藤監督。先を焦らず、ファームでじっくり調整しろということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る