• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一軍遠いソフトB松坂 安定感抜群“同学年”和田と何が違う?

「一軍はまだ早いんじゃないか」

 佐藤投手コーチのひと言が、現状を如実に物語っている。16日の西武戦に先発したソフトバンク・松坂大輔(35)のことだ。

 右肩手術から7カ月が経ち、約1年ぶりの一軍マウンド。用意された舞台は勝手知ったる古巣の西武ドーム。寒さを考慮され、試合前に予定の4回から2回に短縮されもした。それでも結果が伴わない。

 ソロ本塁打を浴びるなど、2回を投げて3安打1失点。ベース手前でワンバウンドするシーンもあり、制球の悪さは相変わらず。38球も費やしたうえ、そのうち140キロを超えたのはたった2球だった。球威も制球も物足りない内容に、「故障につながらないように(状態を)徐々に上げて欲しい」とは工藤監督。先を焦らず、ファームでじっくり調整しろということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る