• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一軍遠いソフトB松坂 安定感抜群“同学年”和田と何が違う?

「一軍はまだ早いんじゃないか」

 佐藤投手コーチのひと言が、現状を如実に物語っている。16日の西武戦に先発したソフトバンク・松坂大輔(35)のことだ。

 右肩手術から7カ月が経ち、約1年ぶりの一軍マウンド。用意された舞台は勝手知ったる古巣の西武ドーム。寒さを考慮され、試合前に予定の4回から2回に短縮されもした。それでも結果が伴わない。

 ソロ本塁打を浴びるなど、2回を投げて3安打1失点。ベース手前でワンバウンドするシーンもあり、制球の悪さは相変わらず。38球も費やしたうえ、そのうち140キロを超えたのはたった2球だった。球威も制球も物足りない内容に、「故障につながらないように(状態を)徐々に上げて欲しい」とは工藤監督。先を焦らず、ファームでじっくり調整しろということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る