一軍遠いソフトB松坂 安定感抜群“同学年”和田と何が違う?

公開日: 更新日:

「一軍はまだ早いんじゃないか」

 佐藤投手コーチのひと言が、現状を如実に物語っている。16日の西武戦に先発したソフトバンク松坂大輔(35)のことだ。

 右肩手術から7カ月が経ち、約1年ぶりの一軍マウンド。用意された舞台は勝手知ったる古巣の西武ドーム。寒さを考慮され、試合前に予定の4回から2回に短縮されもした。それでも結果が伴わない。

 ソロ本塁打を浴びるなど、2回を投げて3安打1失点。ベース手前でワンバウンドするシーンもあり、制球の悪さは相変わらず。38球も費やしたうえ、そのうち140キロを超えたのはたった2球だった。球威も制球も物足りない内容に、「故障につながらないように(状態を)徐々に上げて欲しい」とは工藤監督。先を焦らず、ファームでじっくり調整しろということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る