5回4失点にも「いい調整」 日ハム大谷OP戦最終登板の収穫

公開日: 更新日:

 スポーツ紙ふうに言えば、「大谷 不安残しの開幕」か。

 日本ハム大谷翔平(21)が17日、ソフトバンク戦に先発して5回を6安打4失点。25日の開幕戦(対ロッテ)に向けた最終登板で打ち込まれた。大谷はここまで実戦3試合、計10回を4安打無失点。2日の巨人戦では162キロをマークするなど絶好調で、点を取られたのは実戦4戦目にして初めてだ。

 今年はオフの間に体重を11キロも増やした。体も筋肉も大きく変化しただけに、バランスも含めて例年以上の調整が必要だったはず。テスト段階のオープン戦では点を取られない方がむしろ、不思議だった。

 この日は初回に課題をテストした。先頭打者にいきなり初球を本塁打されるなど、この回だけで3安打3失点。3与四球と制球も乱れた。本人によれば、単純に球威がなかったという。テーマは明かさなかったが、試して結果が出ないと分かったのは収穫だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  2. 2

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  6. 6

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  7. 7

    久美子氏は社員に警告「勝久会長への協力は就業規則違反」

  8. 8

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  9. 9

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  10. 10

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

もっと見る