• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5回4失点にも「いい調整」 日ハム大谷OP戦最終登板の収穫

 スポーツ紙ふうに言えば、「大谷 不安残しの開幕」か。

 日本ハムの大谷翔平(21)が17日、ソフトバンク戦に先発して5回を6安打4失点。25日の開幕戦(対ロッテ)に向けた最終登板で打ち込まれた。大谷はここまで実戦3試合、計10回を4安打無失点。2日の巨人戦では162キロをマークするなど絶好調で、点を取られたのは実戦4戦目にして初めてだ。

 今年はオフの間に体重を11キロも増やした。体も筋肉も大きく変化しただけに、バランスも含めて例年以上の調整が必要だったはず。テスト段階のオープン戦では点を取られない方がむしろ、不思議だった。

 この日は初回に課題をテストした。先頭打者にいきなり初球を本塁打されるなど、この回だけで3安打3失点。3与四球と制球も乱れた。本人によれば、単純に球威がなかったという。テーマは明かさなかったが、試して結果が出ないと分かったのは収穫だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る