5回4失点にも「いい調整」 日ハム大谷OP戦最終登板の収穫

公開日: 更新日:

 スポーツ紙ふうに言えば、「大谷 不安残しの開幕」か。

 日本ハム大谷翔平(21)が17日、ソフトバンク戦に先発して5回を6安打4失点。25日の開幕戦(対ロッテ)に向けた最終登板で打ち込まれた。大谷はここまで実戦3試合、計10回を4安打無失点。2日の巨人戦では162キロをマークするなど絶好調で、点を取られたのは実戦4戦目にして初めてだ。

 今年はオフの間に体重を11キロも増やした。体も筋肉も大きく変化しただけに、バランスも含めて例年以上の調整が必要だったはず。テスト段階のオープン戦では点を取られない方がむしろ、不思議だった。

 この日は初回に課題をテストした。先頭打者にいきなり初球を本塁打されるなど、この回だけで3安打3失点。3与四球と制球も乱れた。本人によれば、単純に球威がなかったという。テーマは明かさなかったが、試して結果が出ないと分かったのは収穫だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る