5回4失点にも「いい調整」 日ハム大谷OP戦最終登板の収穫

公開日:  更新日:

 スポーツ紙ふうに言えば、「大谷 不安残しの開幕」か。

 日本ハムの大谷翔平(21)が17日、ソフトバンク戦に先発して5回を6安打4失点。25日の開幕戦(対ロッテ)に向けた最終登板で打ち込まれた。大谷はここまで実戦3試合、計10回を4安打無失点。2日の巨人戦では162キロをマークするなど絶好調で、点を取られたのは実戦4戦目にして初めてだ。

 今年はオフの間に体重を11キロも増やした。体も筋肉も大きく変化しただけに、バランスも含めて例年以上の調整が必要だったはず。テスト段階のオープン戦では点を取られない方がむしろ、不思議だった。

 この日は初回に課題をテストした。先頭打者にいきなり初球を本塁打されるなど、この回だけで3安打3失点。3与四球と制球も乱れた。本人によれば、単純に球威がなかったという。テーマは明かさなかったが、試して結果が出ないと分かったのは収穫だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る