コリジョンルール「野球つまらなくする」と元プロ捕手指摘

公開日: 更新日:

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜でマスクをかぶっていた野口寿浩氏(評論家)は、「ルールの導入目的が、ケガを防ぐというためだけなら現状のままでいいでしょう。でも、野球という競技が変わる。はっきり言えばつまらなくなります」と言って、さらにこう続ける。

「このルールは、11年にSFジャイアンツのスター選手だったバスター・ポージー捕手が、危険なタックルで選手生命が危うくなるほどの大ケガを負ったことがきっかけでメジャーリーグに導入されたものです。本来なら、上半身から捕手にぶつかっていくタックルやスパイクの歯を向けるスライディングなどの危険な行為だけを排除すればいいのです。危険な行為を行った選手には、例えば1年間の出場停止などの重いペナルティーを科すと決めれば抑止力になる。それが、普通のスライディングとブロックプレーまで禁止するのはおかしい」

 野口氏は、コリジョンルールとケガの防止との関係についてもこんな考えを持っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  4. 4

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  7. 7

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  8. 8

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  9. 9

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  10. 10

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る