醜聞はむしろ追い風 開幕3連勝でわかった巨人選手の“厚顔”

公開日: 更新日:

 野球どころではなかったはずである。

 昨年10月から相次ぐ野球賭博問題で揺れに揺れた巨人は、その後もカネにまつわる醜聞が続出。オープン戦で円陣を組めば、スタンドから「きょうは誰が祝儀をもらうんだ!!」とヤジを浴びせられるなど、開幕直前まで騒動の渦中に身を置いた。開幕カードの相手となったヤクルトのチーム内にすら「自業自得とはいえ気の毒に」と同情する声が出ていたが、フタを開けてみれば3連勝。12球団で唯一、黒星なしの好スタートである。

「昔から巨人は不祥事に強い。開幕直前の3月に朝日新聞に契約金超過問題を書かれた12年も優勝した。主力選手の名前がズラリと出て大騒ぎになったのに、日本一にまでなっただろ。日本シリーズ直前に主力捕手が強制わいせつ致傷で逮捕された00年も日本一、90年2月に登板日漏洩疑惑が報じられキャンプから大騒動になった90年もリーグ優勝している。今回の賭博騒動の渦中、巨人の若手OBと話をしたら、『チーム内は周りが思うほど動揺がないですよ』と言ってたけど、その通りだったね」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る