醜聞はむしろ追い風 開幕3連勝でわかった巨人選手の“厚顔”

公開日: 更新日:

 野球どころではなかったはずである。

 昨年10月から相次ぐ野球賭博問題で揺れに揺れた巨人は、その後もカネにまつわる醜聞が続出。オープン戦で円陣を組めば、スタンドから「きょうは誰が祝儀をもらうんだ!!」とヤジを浴びせられるなど、開幕直前まで騒動の渦中に身を置いた。開幕カードの相手となったヤクルトのチーム内にすら「自業自得とはいえ気の毒に」と同情する声が出ていたが、フタを開けてみれば3連勝。12球団で唯一、黒星なしの好スタートである。

「昔から巨人は不祥事に強い。開幕直前の3月に朝日新聞に契約金超過問題を書かれた12年も優勝した。主力選手の名前がズラリと出て大騒ぎになったのに、日本一にまでなっただろ。日本シリーズ直前に主力捕手が強制わいせつ致傷で逮捕された00年も日本一、90年2月に登板日漏洩疑惑が報じられキャンプから大騒動になった90年もリーグ優勝している。今回の賭博騒動の渦中、巨人の若手OBと話をしたら、『チーム内は周りが思うほど動揺がないですよ』と言ってたけど、その通りだったね」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!