醜聞はむしろ追い風 開幕3連勝でわかった巨人選手の“厚顔”

公開日:  更新日:

 野球どころではなかったはずである。

 昨年10月から相次ぐ野球賭博問題で揺れに揺れた巨人は、その後もカネにまつわる醜聞が続出。オープン戦で円陣を組めば、スタンドから「きょうは誰が祝儀をもらうんだ!!」とヤジを浴びせられるなど、開幕直前まで騒動の渦中に身を置いた。開幕カードの相手となったヤクルトのチーム内にすら「自業自得とはいえ気の毒に」と同情する声が出ていたが、フタを開けてみれば3連勝。12球団で唯一、黒星なしの好スタートである。

「昔から巨人は不祥事に強い。開幕直前の3月に朝日新聞に契約金超過問題を書かれた12年も優勝した。主力選手の名前がズラリと出て大騒ぎになったのに、日本一にまでなっただろ。日本シリーズ直前に主力捕手が強制わいせつ致傷で逮捕された00年も日本一、90年2月に登板日漏洩疑惑が報じられキャンプから大騒動になった90年もリーグ優勝している。今回の賭博騒動の渦中、巨人の若手OBと話をしたら、『チーム内は周りが思うほど動揺がないですよ』と言ってたけど、その通りだったね」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る