醜聞はむしろ追い風 開幕3連勝でわかった巨人選手の“厚顔”

公開日: 更新日:

 野球どころではなかったはずである。

 昨年10月から相次ぐ野球賭博問題で揺れに揺れた巨人は、その後もカネにまつわる醜聞が続出。オープン戦で円陣を組めば、スタンドから「きょうは誰が祝儀をもらうんだ!!」とヤジを浴びせられるなど、開幕直前まで騒動の渦中に身を置いた。開幕カードの相手となったヤクルトのチーム内にすら「自業自得とはいえ気の毒に」と同情する声が出ていたが、フタを開けてみれば3連勝。12球団で唯一、黒星なしの好スタートである。

「昔から巨人は不祥事に強い。開幕直前の3月に朝日新聞に契約金超過問題を書かれた12年も優勝した。主力選手の名前がズラリと出て大騒ぎになったのに、日本一にまでなっただろ。日本シリーズ直前に主力捕手が強制わいせつ致傷で逮捕された00年も日本一、90年2月に登板日漏洩疑惑が報じられキャンプから大騒動になった90年もリーグ優勝している。今回の賭博騒動の渦中、巨人の若手OBと話をしたら、『チーム内は周りが思うほど動揺がないですよ』と言ってたけど、その通りだったね」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る