さらに8人がB氏と面識 巨人“後出し”で新事実公表のあざとさ

公開日: 更新日:

 最後にとんでもない事実が明らかになった。

 巨人は22日、高木京介(26)の契約解除を発表した。この日、日本野球機構(NPB)の熊崎コミッショナーが高木の1年間の失格と巨人に制裁金500万円を科す処分を下したことを受けてのものだが、会見した久保球団社長はその後、高木の話がブッ飛ぶような事実を次々と発表したのだ。

 選手、首脳陣、球団職員総勢299人を対象とした球団内のヒアリング調査の結果、14人が賭けマージャン、42人が賭けゴルフ、23人が賭けトランプを経験していたのは序の口。野球賭博常習者の「B」と交友している人物が8人(現役選手は5人)おり、そのうち一緒に賭けゴルフに興じていた選手が3人、さらには高木に加えて別の選手1人が闇スロットに出入りしていたというから、ムチャクチャである。

 球団は闇スロに出入りしていた高木とは別の選手に厳重注意、「警察に相談しようと思っている」(森田総務本部長)と言うが、「B」との賭けゴルフを含めていずれも野球協約に抵触しかねない重大疑惑だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る